漫画の最近のブログ記事

夢喰いメリー 第10巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-yumekuimerry6.jpgきりの良い10感で終わるとばかり思っていたのに、エルクレスとの戦いが長引く長引く!!
今までの9巻分がすべてこの戦いのためのただの序曲だったのが内容ともリンクしてますが、何をやっても通じないけど、絶望にうちひしがれてる感じでもないメリー達、最後には夢路の頭脳戦でエルクレスを追い詰めるまでにいたって終了。
次巻で決着がつきそうな感じだけど、もしかしたら新たな展開で話を続かせるのかな??

所々で見せるメリーの表情は可愛かったwww

東京ESP 第8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp62.jpgやっぱりアニメ化ですか!!
今の流れからしたらちょっと単行本が出たらすぐにアニメにして放置っていうような流れなんでありかと思いますけど、おそらくは一部を1クールにまとめるって感じでしょうかね。

ゆるゆり 10巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-yuruyuri8.jpg気がついたら特装版の方を手にとってレジに向かっていました。
4コマじゃない日常系作品ってネタに尽きそうなイメージを勝手に持ってるんですけど、ほんとになもり先生の引き出しの深さには驚かされますね。
登場人物の多くにしっかりした色がつけられてるし、ネタ振りから落ちまでが実に巧妙だし、くどすぎない百合要素も併せ持つ素晴らしさ。

咲-Saki- 第112局『強敵』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki265.jpg前回の最後に辻垣内さんが南と一筒と一索を3副露してたんで八萬切りは妥当だし、むしろこの手が面前で仕上がって逃げるなんてありえないでしょー。

manga-sekirei276.jpgなんか愛してるとかそういう言葉を持ち出すと急に胡散臭くなる気がしてならない。
だってどの葦牙とセキレイも愛だとかっていう感じじゃなく契約みたいな感じで戦ってるからどうなんだろ。

咲-Saki- 第111局『連発』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki263.jpg漫ちゃんの導火線の演出はいったいなんなのかな??
爆発するぞー!!っていうばくだん岩的なものかと思ったけど、そうでもなく、ちょこちょこ連発して上がるものの破壊力的にはそんなでもないんですね。
でもでも、配牌でこの手はおいし過ぎるけど、こういった手の時ってすっごい安い手で流されるのがある意味セオリーなんだよなwww
manga-saki264.jpgこれは逆に同じ事を臨海女子の智葉さんにやられるような気がするのだが、今週の連発だけで漫ちゃんの見せ場が終わるんだったらあっけないなー。

manga-sekirei273.jpg今更感がなくもないですけど、セキレイが始まる前にこの2人が出会っていたという事なんです。
そうしてこの後結たんは何があったのか別にして、空から落ちていくんですよねwww

manga-saki_a77.jpgあと1巻で最終巻になるけど、本編と違って毎月きっちり連載が続いていて、さらにはページ数も多いせいか物語の展開はちゃーんと覚えておりました。
表紙の変遷が、阿知賀が3巻までを占拠して、4巻が千里山で5巻で新道寺でしょ。
となったら最後の6巻では白糸台なの??

咲-Saki- 第11巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki262.jpg隔週な上に休載が多い作品なので物語の流れが所々自分の頭の中で抜けてるんで、単行本で読み返すと改めて臨場感やら緊迫感が伝わります。
しかし、11巻のこの表紙狙いすぎでしょ??
おっぱいを支えるロリ少女なんていう絶対にありえないシチュエーションwww
阿知賀編ひとまず終了してこっちに力を入れてくれると思うので、おそらく次の巻がでるのはもっと早くなると期待をこめて。

manga-zettaikaren68.jpg今巻は京介の過去回想がメインで、インパラヘン王国での前巫女だったマサラとの話を回収したり、伊八号が少年時代の京介見せたこれから起こるべき未来、そしてそれから徐々に未来予測に変化が生じてきている現実なんかの話でした。
スピンオフ作品の影響??なのか話が京介視点になりつつあり、さらには来たるべき未来への物語の布石がなされていて、そろそろクライマックスなのかと感じるんだなー。

咲-Saki- 第110局『爆発』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki258.jpg結局のところ東場のタコス最強伝説は継続したままで南場に入ることになりました。
部長から言われていた火力よりも速度を重視してという言葉を厳密に守る真面目モードのタコスはなんだか面白味には欠けるけど、それが逆に準決勝という舞台の緊迫感を増幅させてるようでいい感じです。

manga-sekirei270.jpg鴉羽様との戦いメインの回と思いきや葦牙の折彦君と出会う以前の回想回でした。
火鹿ちゃんは結たんと相対というか関連性のあるキャラなんで、こういった過去回想を見せるのは分かるけど、戦う相手が鴉羽様というのがなんか先を予見させちゃうんだけど・・・。

manga-sekirei267.jpg過去の遺物だったセキレイを占拠しようと何度か武力衝突を起こしてきた軍とM・B・Iだけど、それ以後は軍からのちょっかいはないどころか、この世の中の支配構造はM・B・I主導って感じになってることについてちょっと違和感がなきにしもあらず。
この時の軍の侵攻によってセキレイ基幹が破壊された結たんと持ち去られたのがNO.87の鹿火ちゃんだったというのが今回の物語で語られました。

セキレイ 第14巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sekirei266.jpg14巻も出てる割に時系列的な話の流れでいったら意外と短い物語なんだよな。
最初のほうはすごく濃密な感じで描かれてたけど、最近はちょっと薄味な感じになっちゃってるのが残念ですけど、ここらでひとつ頑張っていただきたいです。
そして、意外とついこの間のエピソードまで載せてることに驚きでした。

咲-Saki- 第109局『屈指』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki254.jpg阿知賀編も終了してしまいまして、本編のほうが久々の連載再開だったので、楽しみにページを開いたらカラーでこれwwww
思わず声出して笑ったわwww
あ、なんか久々なのにこんなんからでさーせんwww

manga-sekirei263.jpgナンバーが判明していないセキレイも多くいる中で完全にここにいるセキレイのみでの最終決戦の模様です。
各エリアを区切られて、その中にいる葦牙とセキレイが戦って負けた方や時間切れになったら機能停止というひどいルールが適用とかどうなの??

manga-saki_a65.jpg山じゃないけど、自然を駆けずり回るのは好きです!!
そんな情報はさておき、ついに最終回を迎えることになった阿知賀編ですけど、オレ的な予想とは大きく違った感じの結末になってしまいましたけど、これもこれでありかと思います。
ところで、麻雀はどちらかというと知能派の競技だと思うんだけど、こんな山を駆けずり回る裸ジャージの秘めたるポテンシャルとはいったい??

manga-sekirei261.jpg何をしてるって、生クリームにまみれてきゃっきゃうふふしてるんですよ!!www
今週号は特別編なんで、ストーリーとは関係なく、しかもカラーでおっぱい丸出しな感じでお送りしておりますが、大丈夫なのかな??
一応少年誌なはずなのだが・・・。
ジュニアアイドルなのにDVDの内容はすごく過激です、でもイメージ映像ですから(キリッ)
そんな感じにしか見えないのだが、いいでしょうwww
ちなみに内容はセキレイの誕生日の話題からはじまり、実は今日が皆人さんの誕生日でした!!的な展開から生クリームカーニバルになりました。
manga-sekirei262.jpg全裸できゃっきゃしてますけど、とりあえずこれだけで自重しとこうwww

manga-saki_a60.jpgニュータイプ同士が共鳴しあうような演出だって言うのに、この選手はこのためだけに紹介されたとしたらなんとも悲しい存在になる。
しかし、なんともいえないほど恐怖に満ちた表情のこの選手はこの後姿を見たものは誰もいなかった・・・って言うのは嘘であるwww

kiss×sis 第11巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-kisssis36.jpgそう来たか、やっぱりかという感じとその展開で終わらせていくのかという不安?みたいなものが入り混じった11巻です。
あこりこの存在感が若干薄くなって、桐生先生無双というか完全にルートのフラグが立ったみたいです。
そんな中で美春の運動会のエピソードと悩んでた圭太を励ます親父がすごくいい味出してました。

manga-zettaikaren61.jpg京介の体が限界だというTHE UNLIMITEDでの話を織り交ぜていくと、そろそろ物語の変革時期に差し掛かってるような気がしてくるんですけど、どーなんでしょうね??
今巻では新キャラとなるB.A.B.E.L.の予知課の三橋姫子さんと、京介の意識を宿すフェザーによる近未来予知からこれから起こるべき展開が描かれております。
そして薫ちゃんと皆本さんの些細な喧嘩によって家出する薫ちゃんという展開でした。

manga-sekirei257.jpg神座島に満ちてるエネルギー自体が葦牙に対して非常に悪い作用を及ぼすってことで、みんなが持ってる神器をそれぞれのポイントに納めることで中和されるらしいです。

ここでの戦いが最終ステージになって、今この島に上陸している葦牙とセキレイ以外は参加してくることはないことを考えると兄妹での共闘やら鈿女さんの復活やなんかのフラグは全て未回収のまま終わるんですかねー。
現状で東西南北の葦牙と瀬尾さんに大角君と懲罰部隊の7人の葦牙にそれぞれのセキレイだから、圧倒的に皆人さん有利っぽいけど・・・。

manga-sekirei254.jpg葦牙からセキレイにいたるまで、最終段階に参加資格がある人たちは強制的に拉致されて神座島に連行されてきてしまいました。
ところがこのメンバーの中にもちろん美哉さんがいないんですよねー。
あれだけ、そろそろ自分が動かなくてはならない時みたいに言っておきながら、結局のところは出雲荘から見守る的な位置に落ち着いちゃってるのはどーも腑に落ちない。

咲-Saki- 第108局『世界』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki252.jpg賽は振らせないと言うシーンで終わった前回だったけど、あれはあくまで優希ちゃんの中でつぶやいた事だと思っておりました。
駄菓子菓子!!宣言してたようで、周りはポカーン状態www
でも、彼女はいたって冷静でしたwww

manga-saki_a48.jpg誰が誰だか分からなくなる程キャラクターデザインが適当じゃないですし、パッと見で判別がつくんですけど、制服も重要なファクターのひとつじゃないですか??
その意味で言ったらこの白糸台の冬服??はイメージにそぐわないと言うかなんというか・・・。
あの白い制服こそが王者の風格の象徴であった気がしてたんですけどねー。

咲-Saki- 第107局『開始』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki246.jpg久しぶりの巻頭カラーで始まるインハイ準決勝!!
やっぱりカラーだと目の付け所が変わるということを改めて実感した。
モノクロ絵の場合は、のどっちを見る場合は確実に乳視線からの台詞追いだけど、カラーだと顔から胸に行っての台詞というパターンになるんです。
それくらいピンクの髪ってインパクト強いんだなー。
あ、もちろん優希ちゃんのほうは顔オンリーですよ常考www
巨乳な子が、話相手の目線がいつも胸にあるって愚痴るのと同じ原理ですよ??www
ところでのどっちの右胸がなんだか・・・

東京ESP 第7巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp51.jpg教授が敗れ去ってから1年と4ヵ月後の世界を描く感じで新たなストーリーの幕開けとなってました。
第二部と銘打って、ヒロインも前回のリンカちゃんに代わって、表紙絵のメガネっ子になっちゃってます。
ジョジョばりに何代も主人公を変えて大掛かりなシリーズになる可能性感じられるけど、前巻で教授があぶりだそうとしていた黒幕が今回も暗躍してるから結局はそいつを倒すのが最終目的であり、リンカちゃんも失踪という扱いでどこかには居る設定なんです。
manga-tokyoesp52.jpg確かに言われるとおりで、時代の変化に付いていけないタイプはダメになるし、この言葉は的を得ているとは思うけど、結局のところは権力とか富とかを有している方が優位に立ち回れるのがこの世の中の仕組みになってるのが現状。
そんな事言ってたら妬みのようになるからやめときましょーか。

manga-zettaikaren56.jpg中学生編としてのアニメ化を期待してたのに、まさかの兵部京介のスピンオフ作品だったとは・・・。
OVAで短編とかならやっぱりか!!って感じで納得できるんだけど、このスピンオフは中学生編への期待につなげていいものなんだろうか??

でもって今巻は、そろそろブラックファントムとの決戦と思わせておいた最近の流れから一変して迂回ルート?みたいな感じでしょうか。

manga-sekirei252.jpgあっちに話を振ったと思ったら次の話ではこっちの話題かって感じで、鈿女さんやらユカリちゃんなんかはすでにその存在がないようなものにされてるけど大丈夫か??
でもって今週も関係ない話と思ったけどそうでもなかった。

NEEDLESS 第15巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-needless27.jpgなんだかいろんな料理をお皿に載せすぎた結果、品目だけを挙げると豪華なんだけど、逆に食欲が失せるような感じ??
聖痕という概念が出てきてからはパワーバランスが崩れかけてきてて、ある意味なんでもありな展開になってきてる気がする。
死んだり瀕死のキャラが普通にパワーアップして復活したりしてるに、ストーリーの目的がやや迷走状態に入りかけてます。
いや、むしろオレの中で設定の理解がついて行けてないだけかも・・・。
もう一度ちょっと前の巻からゆっくり読み直してみないといけないのかも。

manga-saki_a41.jpgこれで役満が確定しちゃったけど、一躍大将戦の主役が新道寺なりそうな予感もしないでもないけど、大将はどの高校もキャラが濃そうだからねー。

咲-Saki- 第106局『出陣』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki241.jpg本編情報ではないんですけど、正式決定されてんで載せておきますNE☆
まー言うところのクリスマスプレゼント的な??www

セキレイ 第139話『昔語』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sekirei247.jpg嵩天は確かセキレイの故郷であって、あそこから8隻の船にそれぞれ107と支柱となる女神の計108人のセキレイが飛び立って行ったっていうのは前にやったと思うけど、今回の話は健人さんがお亡くなりに成った真相に関しての回でした。

manga-saki_a40.jpg前半は、テルテルとの激戦だったけど、そこら辺はまだガンガンで読み始めてたなかったのですが、思ったよりもあさっり味って感じでしたwww
むしろアニメの方がより魔王感が強かったです。
はじめ、こっちは外伝的なイメージで見ていたんですけど、麻雀という側面から考えたらこっちの方が力を入れてるというか本物って感じですね。
最近は本編のほうもコミュニケーションモードに入ってるんでねー。

でもって、帯に書いてありましたけど、12月にAT-Xでやっと13話のアニメが放送されるらしいですね、楽しみです。

manga-saki_a34.jpg無邪気さは時として残酷さに変わるとはまさにwww
麻雀をガチで打ってる時の真剣な表情を除けば、ほとんど園児から小学生レベルの行動が目立つ衣ちゃんなんだけど、やっぱりというか可愛いですね。
しかし、それに反して『黒甜郷裡』とかっていうお言葉を発せられるのがまさにギャップ萌え??
四文字熟語とかことわざとか結構知ってる方なんだけど、黒甜郷裡なんてまったく聞いたことすらないんですけど、昼寝のまどろみの中での世界ってことらしいです。

ところで、このシーンって本編でも出てきたっけ??
話の時間軸が重なりつつあるからあっち側であったシーンがこっち側でも見せるようだからごっちゃになりつつありますね。

あと、一ちゃんはやっぱり露出が異常だと思いませんか??www

けいおん! college

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-keion23.jpg憂・梓・純・さわ子先生の存在というのがこれほどまでに大きかった事を改めて確認できる内容となっております。
新キャラも登場して盛り上がると思っていましたが、じつは放課後ティータイムの4人だけでキャラクターの個性を引き出すには十分な資質がある事を再認識しました。

ほとんどの作品で舞台となるのは高校であることは気にならない事実ですけど、実は重要な要素だったんですよ。
大学生活を描いた作品が少ないのは、やっぱり若い子の方が萌えるという単純な理由に思えていましたけど、そんな簡単な理由ではないのです。
大学ともなれば生活スタイルも変わり、サークル活動やなんかも描かないといけなる部分が多くなります。
何よりも制服でなくなるという部分が最も重要な要素じゃないかと思います。
高校の時は、人が少ない軽音部という設定もそれほどおかしくないですけど、大学ともなればそうは行きませんよね。
だから放課後ティータイム以外にもバンドを登場させましたけど、すでに出来上がってる4人と結局はうまく混ざり合わない感じでした。

なんだか無理やり大学編と高校生編をやったんだけど、大学に進んだ状態であずにゃんや憂ちゃんと絡ませた方が絶対に面白かったとは思いますね。

けいおん!highschool

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-keion18.jpg正直期待はしていなかった・・・。
だってけいおん!はむぎちゃんがいてこそなんぼでしょ??(そこに賛同を求めるなよwww)
駄菓子菓子!!こんなに面白くなるとは誰が予想したか!?

manga-sekirei245.jpg瀬尾さんが登場してきた流れからして、絶対に次の決戦ステージでの戦い方とか作戦とかっていう話し合いになるとばかり思ってたんだけど、出雲荘の前で偶然出くわした郵便屋さんからの手紙を皆人さんに手渡すとそれはあの懐かしい鷸ハルカ君からの手紙でした。
何でこのタイミングで??とも思いましたけど、自分たちの無事を伝えるとともに、セキレイと葦牙という関係が維持されるためには、皆人さんに最終ステージまで残ってもらいたいという願いを伝えるものでした。

でもって、肝心の瀬尾さんの方ですが、美哉さんに聞きたいことがあるから後でツラを貸せとwww

咲-Saki- 第105局『旧友』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki236.jpgでも最近の小学生は食の欧米化によって意外と成長が素晴らしい小学生も居たり居なかったり??
なんかあまり語ると普段から小学生女子を偵察でもしてるのかとあらぬ疑いをかけられそうなんでwww
でも、よくあるAVなんかと同じで○○生とかって書きながらおいおいって言うのと同じですよwww

あと、のどっちにはもうちょっと恥らう様なしぐさとかが追加されればオレ的最強キャラになるんだけどなーwww
胸の事をネタにされてもすごく冷静な対処しちゃうところがなんともねー。

それと、ギャップ萌えっていう言葉を聞くけど、ロリなのに巨乳には興奮ポイントがあるのに、逆の大人なのに貧乳にそれほど(あくまでもそれほどwww)萌えないのはなぜ??www

manga-sekirei240.jpgそろそろ、うだうだやってないで全勢力入り乱れての最終決戦を始めても良い頃合じゃないかな??
だって最終的には鴉羽様と結(結女)たんの戦いになって、勝ち上がった結たんによって全ての機能停止状態のセキレイが復活して葦牙様と幸せに暮らしましたとさ・・・。
っていうのが思い浮かぶ展開なんだけど、その為には次から次へと乱戦を繰り返して数を減らしていかないといけないでしょ。
でも、有力なキャラクターを亡き者にするといった演出をなさらない先生なので、いったいどうするのかな・・・。
そして、鈿女さんの話題がもう出なくなったけど、どーなってるんだかwww

咲-Saki- 第104局『過去』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki231.jpg台詞だけならこの後卑猥な展開になると考えるオレの18禁脳をどうにかしてくれwww
のどっちは胸ばかりがフューチャーされるけど、リボンだったりロングのストレートだったり、巨乳なのにアホじゃない(全国の巨乳を敵に回したか?www)し、性格もおっとりしてるしいいよねー。

夢喰いメリー 第9巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-yumekuimerry5.jpgいよいよ物語りも佳境どころかほぼ終盤。
ラスボスであるエルクレスとの戦いが始まったけど、よくありがちなボスを倒したら実は黒幕がいましたー!!物語は続くっていう様な展開はおそらくないと思うので、10巻で最終巻となるような予感です。
細かな内容紹介はしませんが、夢路の正体らしきものがおぼろげながら語り始めてきたけど、クリオネが言うには夢魔が混ざってるけど人間だって言うんだよね。
そしてエルクレスの目的は、メリーを倒せばメリーの幻界である門が壊れてこっちの世界に自由に夢魔がやってこれるようになる。そうすれば器など必要なくこっちの世界で暮らせるという計算らしいですけど・・・。
そう言えばだいぶ前に夢路が言ってた、過去に大切な人との約束を守れなかったって言うのは何のことなんでしょうね??

manga-saki_a24.jpg配牌の時点でこの状態だったら確実にwktkしてにやけるなーオレならwww
でも、捨て牌の気配から確実に見抜かれるだろうか、早上がりで対応されるか結局流れて終わるって言うのがこのパターンの最悪の結果だよ。

咲-Saki- 第103局『再会』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki228.jpgのどっちの持ち味というかその雰囲気をうまく出せるのは実はタコスなんじゃないかと再認識したwww
現実的に見たら真面目ちゃんだけどどこか天然で事故主張の少ないのどっちを突っ込ませられるのは、タコスの計算??された巧妙なボケ??だけじゃないかと思う。
だって咲ちゃんとだとお互いに一歩引いた感じで接してるから面白味には欠けるしね。

manga-sekirei236.jpgこういう1シーンだけで見るとツンデレでもいっかって思うけど、騙されちゃいかんぞwww
大告白大会??真っ最中ですけど、ちょっとづつ大人というか男らしくなっていく皆人さんにメロメロ気味な月海なのでした。
ちなみに裸なのは準備おkってことじゃなくって、水びたしになった結果ですのであしからずwww

咲-Saki- 第102局『困惑』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki224.jpgよく言う夢枕に立つってやつですよね。
霊感なんかはまったくないけど、うちの母親は自分の親戚の身に些細なことだろうと何かが起こった時には出るっていう体験を何度も目の当たりにしてるからこういうのは信じてるんだよね。
ただ、これはのどっちがどうというより、穏乃ちゃんが会いたい電波を飛ばしまくってるからだなwww

manga-sekirei232.jpgここで高美さんの語る彼女って言うのは??
はじめは、動かざるを得ないって言う言葉から察するに美哉さんのことかと思ったんだけど、死んだ者の命というテーマで考えると他にも候補があがるんだけど。
ただ、動かないでいるのは美哉さんだけだし、健人さんと言う存在を考えたらやっぱりかな。

manga-saki_a17.jpg麻雀って運が絶対的とまでは言わないまでも、かなりの部分で重要なファクターにはなってるでしょ??
でも、それを上回る程になんか実力差を感じちゃう瞬間ってほんとにあるんだよ。
って言っても最近じゃー、麻雀牌どころかネット麻雀すらしてないから信憑性には欠けるけど・・・。

manga-zettaikaren52.jpg大々的に謳っておきながらただのOVAで1話だけって話だけはマジで勘弁していただきたいでござるwww
やるなら前作からの続きで、ちゃんとテレビ放送2期としてやってもらいたいよね。
特に中学生編に入ってから登場キャラが多すぎてなんとなく掴みきれてない部分があるからアニメでちゃんと補完したいと思うのでお願いしますww

それと、アニメ化をするとなったら可憐Girl'sの復活はあるんかな??

東京ESP 第6巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp45.jpg物語的にはターニングポイントと言うべきか、ひとまず集大成を迎えた感じになりました。
内紛とかが起きてる国の構図と同じで、力を持った少数勢力が大勢を支配しようと展開はよくあれど、結果は決まってこうなるんですって感じの終わり方でしたね。
そして、超能力というテーマからどんどん遠ざかってくる気がするwww

咲-Saki- 第101局『暗雲』

| コメント(2) | トラックバック(0)

manga-saki219.jpg胡桃ちゃんの公式身長設定は130cmであるから、絵柄だけで判断したら豊音ちゃんは完全に2m50cm越えの化け物だぞwww
麻雀なんてやってる場合じゃないって話になりますけど、実際は197cmなんだそうです。
とてつもなく大きなキャラと小さなキャラを同居させようとするとバランスが崩れていくのはしょうがないのかも。
ただ、そんな時には生徒会役員共みたいなスズヘッドっていう手段もwww
manga-saki220.jpgなかなかのボケっぷりでwww

manga-saki_a16.jpgアニメ放送のほうで補完したってことでいいよね??ww
それにこれから毎月レビューの方もスタートしましたし。
あ、でも読んでみて思ったのは、アニメの方では怜ちゃんがほんと主役っぽい感じだったけど、こっちでは意外と玄ちゃんからのカットが描かれてるんですね。

manga-saki_a8.jpgせっかくいつも来てくださるやっさんに教えてもらったのに、25日の発売だと勘違いしてましたwww
それは新刊の発売日だったんですね・・・。
つーこって、今月号から感想書いていくんでよろしくお願いしまっす。
ストーリー的にのどっちと再会し、これから次鋒戦に向かうところですけど、その前になんとも微笑ましいというか珍しいシーン。
あのテルテルがお菓子ってなんか違和感がwww

咲-Saki- 第100局『反省』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki215.jpg麻雀って強い人と打ったからって実力が格段に上がるわけじゃないでしょ。
上手い人の打ち筋とかを研究して上達するっていうのはありえるけど、あくまでも中級者レベルでの話しであって、毎日麻雀を打ってるような人にはほとんど意味がないんじゃないかな??
とは言えども、学生とプロ雀士じゃー背負ってるものや今まで経験してきた場数が違うからまったくの無意味とまではいえないか・・・。
そして、この強化作戦こそが対咲ちゃん用の訓練なんだけど、いざ対戦の時になったらこんな事があったなんて触れられもしないんだろうなーwww

ゆるゆり 9巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-yuruyuri5.jpg8巻のレビュー記事を書いた時に9巻の方も当然上げてると思ったのに、どこを探せどもねーじゃねーかwww
フォルダの中にうp用の画像が残ってたからもしやと思ったらこれですよ・・・。
9巻は、ゆるゆりはやっぱり百合を扱ったギャグ漫画だというのを改めて認識できる回で、ちなちゅの妄想デートと綾乃&京子のデートとは言えないデートのようなものという展開がメインでし。

manga-sekirei229.jpg前号の時に予言してたとおり、やっぱりほのぼの日常モードに突入しましたっ!!

そして、この月海の表情には・・・騙されないぞwww
まさしくツンデレキャラがデレた瞬間を象徴するような表情だけど、物語の当初に比べて登場人物が多くなってくると個々のキャラが立たなくなってくるのはしょーがないよね。

ゆるゆり 8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-yuruyuri2.jpg前回のアニメ化の時も新刊が連続で発売してたような気がするんだけど、狙い済ましたように今回もですね。
前回は大人買いしてのまとめての購入報告だったんですけど、今回はさすがに1巻づつやりますのでまったりいきましょう。

のんのんびより 第4巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-nonnon15.jpgアニメでもたまーにある時節を無視したような内容に違和感は感じるけど、そこはスルーしておきましょう。
このザ・ニンジャもびっくりするような灼熱地獄(若い人には分からないだろうがwww)の毎日に、真冬のネタを見させられてもさすがにねー。

セキレイ 第13巻

| コメント(2) | トラックバック(0)

manga-sekirei228.jpgこっちも毎回レビュー記事を書いてるから取り立てて内容を書く必要はないと思われるんで、購入報告だけにしておきます。
セキレイももう13巻も発売されてて長い作品になってきましたが、このところ物語の展開がスローな感じで微妙に行き詰まり感がありますけど、頑張ってもらいたいですね。

青い花 第7巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-aoihana27.jpg約1年ぶりの新刊だから結構待ち遠しかったー!!
あまりに久しぶり過ぎて、こんな作画だったっけ??って思ったんだけど、もっと線が細かったように思ったんだけど、後で前巻を読み返してみよー。

manga-sekirei223.jpgつーことは、灰翅が104で紅翼が105で107が椎菜なんだから106がしじめって事なんでしょ。
むしろナンバリングがもはやほとんど意味をなさなくなってるこの現状では誰が何番だろうとあまり意味がない気がしないでもないですよね。
だいたい、機能停止してるセキレイでも不明なままのが何体かいますからね。
セキレイ同士はナンバーが近いとお互いを認識っていうのがルールだとしたら結たんと鹿火ちゃんはどうなんだろう??
そもそも調整者が誰なのかによってそれぞれの経緯が変わると思ってたんだけど・・・。

kiss×sis 第10巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-kisssis32.jpgこれがはたしてエロ漫画なのかどうかと言うのが結構論議になるんだけど、オレの体の反応からいったら青年コミックってことで結論がつきました。
もちろん何が反応したら成年コミックになるのかなんて事は言わないからねwww
あ、でもオレが中学生だったら間違いなく成年誌としてオカズにしてると思うwww

咲-Saki- 第99局『真実』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki209.jpg嶺上開花で上がらなかった咲ちゃんの謎をあれやこれやと探索している恭子ちゃんだけど、まさかまさかの展開になってたwww

manga-zettaikaren46.jpg新プロジェクトとはなんですか??
まさかの中学生編のアニメ化を期待したんですけど、もしそうだとしたら先に情報が漏れますよねー。
徳川埋蔵金が発見されたら先にニュースになるのに、それでも見つかったのか!?と期待を込めて見てしまう特番と同じですよねwwww

咲-Saki- 第10巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki207.jpgこっちも毎回レビューしてるんで内容的にはスルーでいいですよね??
やっぱ隔週連載な上に休載も多いから、単行本が発売した時は連載中に近いところまで載るっていう形になるんですけど、咲ちゃん無双ちょい手前までですね。
今巻では、表紙と裏表紙なんかが姫松高校メインになってますけど、キャラ的にはお姉ちゃんが表紙のほうがしっくりくるんだけどなー。
まー10巻でのメインは妹の絹恵ちゃんの方だから仕方ないとは思いますけど・・・。
ただ、意外とお胸があるんですねwww
manga-saki208.jpg表紙カバーの中折れ部分にはこの2人なんだけど、なんか上が制服で下がスパッツってエロいなwwww

manga-saki_a6.jpgアニメ放送の方で感想を書いてるので、内容は割愛つーこってwww
ただ、内容的には驚きの再現率って感じで、ほんとに忠実にアニメ化をしてるんだなーって感じです。
最初は外伝的な扱いだと思ってましたけど、全国大会の団体戦を余すところなく違う主人公から描く作品だと認識しなおしました。
manga-saki_a7.jpgただこのカットだけは突っ込まざるを得なかった・・・。
だ、誰だよwwww

NEEDLESS 第14巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-needless23.jpgあの漫画の新刊はいったいいつ発売なんだろぉ(よだれたらぁーん)
なんて指を咥えて待ってる訳じゃないですけど、基本的に地元の本屋さんてそんなに大きくないし、今放送してるアニメの原作とかがメインで配置されてたりするから結構埋もれがちになるんだ。
むしろ、Amazonのおすすめあたりに上がらないと何時まで経っても発売したことにすら気がつかない罠wwww
ちょっと旬なネタじゃなくなってる気がしないでもないですけど、簡単にレビューをしておきましょーか。

咲-Saki- 第98局『驚異』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki204.jpg恭子ちゃんと霞ちゃんの表情は無双モードに入った咲ちゃんの能力に驚愕して恐れおののいてる感じなのに対して、豊音ちゃんだけは楽しそうだよね??
悟空が敵が強ければ強いほどワクワクする感覚と同じなんかな??

manga-sekirei219.jpgやっぱり思っていたとおり鹿火ちゃんは今後の物語に関わってくるキーになるセキレイってことみたいですね。
前回では突然機能停止していくセキレイが多数いる中で、なんで鹿火ちゃんだけが何の影響もないのかと思っていたら、皆人さんたちが見つけた神器を手にしていたんですね。

manga-sekirei212.jpg前号が休載だったんで実質1ヶ月待ちとなってて、楽しみにして開いたら1ページ目にこれが来た時はホント嫌な予感しかしなかったけど、極楽院先生もさすがにこれ以上焦らしたら読者が何を言い出すか分からないと察知したのかな??www
本当にお待たせしまたって感じでやっと兄妹再会となりました今回ですけど、やっぱり待ち望んだだけあっていい感じに仕上がってました。

咲-Saki- 第97局『三麻』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki200.jpgオレがネットを始めた当初に狂ったように打ってた東風荘はまだ元気に稼動しているのだろうか??
よく第3で三麻を打って役満を上がったものですけど、現実の麻雀では三麻ってやったことはないんだよね。

夢喰いメリー 第8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-yumekuimerry1.jpg1巻から7巻までは、アニメが終わった後にしばらくしてからまとめ買いをしたんですけど、どこをさがせども記事がない!!
基本的にしっかりした性格(自分で言うのもなんだがwww)なんで購入したら記事として上げとくはずなのにねー。
まー細かいことは気にしないで新刊レビューとでもいきましょう。

manga-sekirei207.jpgあー楽しそうですね!!wwww
こっちは会える会える詐欺で悶々とした気分が続いていたのに、ロリ集団はホント無邪気でいいですよねーwww

咲-Saki- 第96局『抵抗』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki196.jpgあなたも一応大将じゃないですかwww
言っても麻雀って結局は運的な要素が強いでしょ??
リアルでは仲間内としか打ったことがないけど、この人には勝てないっていうようなプレッシャーはかつて感じたことがないんだけどなー。
ただ、自分のことを凡人だと認識できる人は成長の余地があるってことです。
manga-saki197.jpg戦場ではびびった者が死ぬんだ、覚えておけ!
そんな台詞をヤザンなんたらって人が言ってたwwww
逃げ腰になると何をやっても裏目に出るって言うのは麻雀に限ったことじゃなくてもあるよね。

manga-sekirei202.jpg咲といいセキレイといい、ちゃんとパンツ穿かせようよwww
いまさらながら思うけど、美少女格闘漫画はほとんどのキャラが巨乳であったりするけど、現実世界だと巨乳=運動音痴っていうイメージが強いからありえないwww

でもセキレイの格闘ゲームとかあったら面白いと思うんだけどなー。
キャラクター多いし、どっかの会社が作ってくれないかなー。

咲-Saki- 第95局『形代』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki192.jpg制服着てるとどこの学校の生徒なのかがわかり難いです。
話の流れからして永水女子の子なんですけど、巫女服じゃないとキャラが立たないよな。
オレも学生時代の帰りの電車で、ミッション系の学校だと思わしきシスターっぽい制服の女の子をよく見かけましたけど、制服って見た目だけで人格まで設定しちゃう不思議なアイテムですよねー。
ちなみに、昔は青春の甘酸っぱい思い出というイメージだったブルマも今ではただのエロアイテムに成り下がってる気がするwww
それにしてもこの子は巨乳を通り越して奇乳れべるだよな・・・。

manga-saki_a1.jpgアニメも始まるし咲-Saki-9巻と発売日が重なってたし、内容確認的な意味合いで買ってきてみました。
咲-Saki-の外伝っていうからどんなものかと思って読んでみましたけど、なんか改めて外伝にするほどの物でもないんじゃない??
だって結局は本編と時間的には並列だし、ライバル校として出せば良いだけの話じゃないかと・・・。
ネガティブな感情と批判はあんまり好きじゃないので棚上げしときますが、サイドストーリーとかにするなら本編に出てきた子の中学時代とかの話とかにとどめて置けばよかったのにねー。

咲-Saki- 第9巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki191.jpg内容のほうは毎話レビューしちゃってるから省いちゃいますけど、県予選の時に比べたら他校の生徒がイマイチ目立ってないなーと読み返して思いました。
あの頃は、清澄VS他校であとの2チームはモブキャラ的な感じで決勝に終結っていう流れだったけど、今はそれぞれ個性を持ったキャラがわんさか居る状態なんで、終わった戦いの記憶が若干・・・www
話の流れ的には先鋒の優希ちゃんからのどっち登場までの回になってます。

咲-Saki- 第94局『仲間』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki187.jpg引きこもり万歳!!wwww
まー山奥って言うところはちょこっと引っかかるものがありますけど、お部屋でテレビ見たりパソコンいじったりゲームやったり漫画読んだりって、天国じゃねーか!!www
そりゃーないものねだりで、友達がいなけりゃいないで、人恋しくなるかもしれないですけど、それ以上に引きこもりは楽しいよwww

東京ESP 第5巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp35.jpgなんか悪には悪のカリスマが必要だっていう理論じゃないけど、悪者と目されてる人間にだってそれなりの信念と根拠があって行動してるんだって事が分かるような今巻になってます。
いつの時代だって、極悪非道を尽くすような独裁者も元々は現状を良くしようとして改革に乗り出した革命家だったりするんだよね。
ただ力を握ると人って変わりやすいってだけで・・・。
そして、なんだか超能力を謳いながらもB級格闘漫画に方向性が行ってるような気がしないでもないようなあるようなwww

manga-sekirei199.jpgよーく考えたら、陸奥と御子上もある意味ではBLなんだよねwwww
でもでも、健全な男子向け??なはずだからそっちの展開にはもっていけないよね。

純粋にゲームを楽しみたいだけの御子上君と、生まれ不幸なのか皆人さんに執着する氷峨さんの戦いに発展しそうな今回ですけど、美哉さんに陸奥に松さんと風花さんとシングルナンバーが勢揃異しちゃうと、さすがに相手に出来るほどの手駒は持ってないしね。

咲-Saki- 第93局『歓迎』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki185.jpg前回の予告通り今週は姉帯さんとの出会いから仲間になるまでの軌跡のお話になっております。
manga-saki186.jpg意外や意外、戦いの中ではこんな表情を見せなかったんで、ちょっと好きになっちゃうwwww
なんか、自分なんかがみんなの仲間になるなんてとんでもないって感じに恐縮してたけど、まだまだこの話がもう1週続きそうなんだけど、姉帯無双はまだまだ先かなー。

manga-sekirei198.jpg今週の話は全てこのシーンに要約されていると言っても過言ではないなー。

氷峨と御子上、どっちも大企業のお坊ちゃまって感じの跡取りだからこそ御子上にとっては、規格外の能力を持っているセキレイを扱いながらも企業の事しか考えられない氷峨が気にくわないんでしょうね。
しかし、前に多くのセキレイを失ってかなり追い詰められてたはずなのに、次から次へと新しいのが出てくるんだよねーwww

久々に会ったであろうこの2人がいったいどんな会話を繰り広げるのかがちょっと興味ありますよね。
でも、神器をこんな縁側に置いておいて日向ぼっこですか??wwww

manga-sasameki31.jpgお気に入りの作品がまたしても最終巻を迎えてしまった・・・。
新しいものを取り上げようという好奇心や、未知の物を受け入れる為の心の広さみたいなのが年々薄れていく中で、大好きな作品が終わりを迎えるのはちょっと寂しいです。

それはそうと、朱宮君の話をもうちょっと挟んで終わらせて欲しかったなーと。

manga-zettaikaren42.jpg連載中の漫画の単行本って、発売するタイミングってどーなってるんだろ??
1冊分の連載分が溜まった時点で発行するのか、それとも編集者の思惑だけで出されるんでしょうか??
タイミング的に前の巻から早すぎて、馴染みの本屋さんの新刊コーナーの所に置かれてるのを見つけて自分のブログを携帯からチェックしてみちゃったwww

今巻に関しては、半分が過去回想編なんであーんまりパッとしなかったですね。

manga-sekirei196.jpgそっか、話は同時進行だったんだよね。
くーちゃん&しーちゃんと皆人さん&ユカリちゃんの再会のことばかっりに目がいってたけど、出雲荘での神器争奪戦が展開してたんですよね。

たとえ出雲荘を成り行き上で壊しちゃったとしても、次週には何事も無かったかのように元通りに戻っているのが漫画やアニメでの定番の法則ですからNE☆wwww
とは言っても、本気でピンチに陥ったらこの怖い大家さんが黙ってないし、懲罰部隊の鴉羽様でも来ない限りはまず敵なしだもんね。
manga-sekirei197.jpg仲間や部下を大切にせずに手駒のように扱うタイプは嫌いなんで、この氷峨のような男はホントやられちゃって欲しいwww
まーこの2人でやりあう分には構わないけど、基本的に憎まれっ子世にはばかると申しまして、氷峨みたいなのはしぶとく生き延びるんですよねwww

咲-Saki- 第92局『奇怪』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki182.jpg結局のところ咲ちゃんの逆転劇を盛り上げるための前置きでしかないと思われるんだけど、意外と2位で本領を発揮できないまま準決勝に進むというパターンもありえるかもしれないと思えてきた。
だって、咲ちゃんは相手が大物じゃないと本気を出せないスタンスでしょ??

manga-zettaikaren38.jpg28巻は前半・後半ともに過去回想的な話になってました。
着地点というか未来予想図は描かれてるのに、そこに到達するまでの話がずいぶん長くなってきてここの所ちょっと中だるみ感が・・・。

manga-sekirei192.jpgドMちゃんにとってはこういう強引なオラオラ系な男子は萌えるんでしょーか??
まー女子目線とオレから見た感覚はだいぶ違うだろうけど、こういうタイプは基本的に嫌悪感が強いです。
やっぱり、力は持ってるけど不要な争いはしないのにいざとなったら本気で戦うっていう主人公がいいですよねー。

manga-sekirei189.jpgまさか月刊ビッグガンガンなるものにセキレイの番外編が載っているなんて何の罠だよ!!
前号のヤングガンガンを捨てる前に次回の発売日をチェックしようとしたらセキレイが載ってるなんていう情報が目に入ってきちゃいまして・・・。
番外編だから買わなくてもいいかなーなんて思ってましたけど、前々から気になっていたなぞがひとつ解明できたから良しとしましょう。
んでもって、今回の番外編は陸奥と南の葦牙である御子上との出会いのお話です。

咲-Saki- 第91局『追捕』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki181.jpg多かれ少なかれみんなちょっとした特殊能力を持ったプレイヤーなんですけど、格闘とかの能力戦と違って、あくまでも麻雀に限定した能力なのでそのうちネタが尽きると思うけど、よくもまー色々出てくるよね。
原作者には頭が下がりますよwww

でもって、大将戦は淡々と進み、マジシャンだかなんだかわからないコスプレをした宮守女子の姉帯豊音ちゃんのターンになってます。
その局で最初にリーチをかけると必ず追っかるんですけど、はじめにリーチをかけた人から出上がりするという能力らしいです。
単純に考えたらリーチを封じるような打ち手って感じですよね。
大将戦は意外と派手さがないなー。

セキレイ 第124話『NO.87』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sekirei185.jpg早く妹との再会をと焦るばっかりにないがしろになってたけど、こっちの展開も俄然面白くなってきたー!!
なんか見た目的にヘタレじゃない皆人さんもM・B・Iのデータベースに進入出来るほどの頭脳を持ったセキレイが居るってことでしょ??
焔さんに羽化前に助けられたことを恩に感じていて、お礼をするためにずっと探してたって話の流れなんです。

kiss×sis 第9巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-kisssis25.jpg毎回毎回言ってるような気がしないでもないけど、そろそろ成年コミックのほうで出したほうがいいんじゃね??www
なんかジュニアアイドルのDVDを見てるような気分??
ジュニアアイドルとか興味ないけど、昔のアイドルのイメージビデオって言ったらワンピの水着にインタビュー形式の質問とか語りを合わせたような感じだったのに、今のは恥ずかしいくらいの水着とありえないアングルからの描写とかでほとんどAVの入り口手前って感じでしょー。
それと同じで、性的描写は多めなんだけど、結局合体してないから青年コミックって扱いなんでしょうね。

のんのんびより 第3巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-nonnon10.jpgとりあえず3巻まで来ると雰囲気も掴めてきましたが、もともとほのぼの日常系漫画なだけあって取り立てて変化もなくなってきましたNE☆
そろそろ時間経過で学年が上がるとか、新キャラなんかを出してテコ入れしないとさすがに飽きが来るかもしれないので頑張っていただきたいです。

あかりんのことは触れずに置こうwww

manga-sekirei180.jpgスタンド使いはスタンド使いと引かれあうのと同じで、セキレイや葦牙は同じものと引かれあうんですね。
しっかし、ユカリちゃんとの再会を心待ちにしているのに、今週の展開を読むともしかしたらこの船上では再開はないと思わせるような感じで・・・。

咲-Saki- 第90局『嶺上』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki178.jpgアニメ版の最後でチラッと全国団体戦のキャラが出てきてたけど、あの時はなんかとんでもない奴らがいるなーって思ってましたけど、なんだかんだいってインパクト薄かったなーwww
この大将戦も宮守女子の魔法使いさんもコスプレだけが目立ってるけど、実際にライバルになるのはごく普通のキャラになるのが漫画的な定番なんすよねwww

manga-sekirei173.jpg最後の一羽になるという事は同じ葦牙の元にいるセキレイと言えどもいずれは戦うことになるか、もしくは最後の葦牙に皆人がなったとしたら、高天へ連れて行くセキレイを選ばなくてはならないという事なんです。
まーそんな事はさておき、左の結たんが可愛すぎるじぇ!!
さすがはオレの嫁だけはあるwww
思い入れがあるのも理由のひとつだろうけど、セキレイはほんとにキャラクターの色付けというか設定のバランスが絶妙ですねー。

ゆるゆり 1-7巻

| コメント(0) | トラックバック(2)

manga-yuruyuri1.jpg夏コミの回を見終わった後に本当は感想を書きたいなーって思うくらいに面白い作品だったんですけど、結局アニメありきな作品だと思ってた・・・。
駄菓子菓子、これはなんとも原作から雰囲気がちゃんとしてるし、ほんと面白いし笑えるとは。
まとめ買いしちゃったんでとりあえず購入報告的な記事にしておきますけど、新刊から内容と感想をうpしてこーかと思ってます。

セキレイ 第12巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sekirei172.jpg先週発売したヤンガンで掲載されたのが121話なんですが、12巻で119話まで掲載されてるから結構話が進んでると思います。
とりわけおまけページとかは無かったので、感想は購入報告で終わらせますけど、ひとつ気がついたことが・・・。
121話で語ってた天羽の葦牙があのツインテの女の子だったというwww

manga-sekirei166.jpg( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!
せっかくの巻頭カラーだったのでちょっとはしゃいでしまった、今は反省しているwww

それはそうと、25日に発売した新刊を買いに行かないと・・・。

咲-Saki- 第89局『出撃』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki175.jpgオレの予想の裏側をことごとく回っていくなwww
まさかと思ってたけど、ここにきてやっと永水のロリ墨が面目躍如って感じで役満を披露。
そして、のどっちがそんなに目立つようなことも無しに終わってしまいましたね。

そう言えば、阿知賀編のアニメ化が決定しましたね。
ちょっと微妙ですけど、やっぱりそうかって感じですね。

manga-soramani21.jpgやっぱり最終巻になってしまった・・・。
最後まで『宙のまにまに』らしさを残しつつ終わりを迎えた天文部グラフィティ。
清さすら残るような終わり方で、大学編とかを期待してたんですけどこれもこれで素敵な結末だったと思います。
これがデビュー作とは思えないほどのクオリティだったので、柏原麻実先生には次期作にも期待したいと思います。

浪漫三重奏 第3巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-romansanjyusou19.jpg3巻目にしてようやく気がついたことがあるけど、この漫画の主役って、りくちゃんたち浪漫部女の子たちと思いきや、周囲にいる変態な男たちなんだというwww
そして人間ってより高い刺激を求めていく生き物なんだとという悲しい佐賀、いや性www
中学生の頃は少年誌のグラビアやアイドル雑誌とかでも十分だったのに、今は色々なものが氾濫してるせいで、ちょっとしたものでは興奮しなくなってきましてwwww
それと同じで、意外と内容や展開が不完全燃焼・・・不完全燃焼なんだろう?そうなんだろ?そうなんだろって?(←ただそれが歌いたいだけだろwww)

manga-zettaikaren31.jpg3人が一緒に戦ってザ・チルドレンって感じの展開から、それぞれ単体での活躍が目立ち始めてる今回ですね。
特にティムやバレットや葵ちゃんといったサポートタイプのメンバーが大活躍する話も良かったし、新たに現れた黒い幽霊の敵キャラが今後のクライマックスに向けた伏線を感じさせる展開でしたね。

東京ESP 第4巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp24.jpg超能力を謳っておきながら、主人公のリンカちゃんを中心とするメンバーはなぜか格闘能力を日々レベルアップさせるためにがんばってる事については触れないでおこうwwww

咲-Saki- 第88局『解除』

| コメント(2) | トラックバック(0)

manga-saki171.jpg咲-Saki-阿知賀編ってのは月刊のほうだったのか・・・
すでに連載が始まってるらしいからチラ見だけはしときたいなぁー。
それと、10月からテレビアニメが良いとこ取り(厳選した13話)で再放送されるみたいですね。

意外と地味な副将戦ですけど、ほとんどやるぞやるぞ詐欺に近い永水の薄墨。
まー塞がれてるからしょうがないんでしょうけど・・・。

manga-sekirei163.jpgお知らせまでに、セキレイの新刊は10月25日に発売致します!!

さて、船上での戦いとなる第四回戦はほかのメンツは絡んでこないとばかり思ってた・・・。
むしろあの兄妹の再会をメインにした話になるとばかり思ってたんですけどね。
でも、社長が企画したゲームだからこの懲罰部隊は絡んでこないと思うけど、鴉羽様の言う仕事とはこれ如何に??

NEEDLESS 第13巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-needless16.jpgジョジョの8部を読みたかったので、ウルトラジャンプなるものを購入して読んでたんですけど、NEEDLESSも連載してました。
もちろん読まなかったです!!(キリッ←(キリッじゃねーよ、ちゃんと読めよww)
違うんですよ、なんかその回だけ見てもしょうがないというかなんというか・・・。
あとで連続したストーリーとしてゆっくり熟読したいじゃないですか??
あ、ちなみにジョジョは単行本のほうでレビューしようかと思ってます。

咲-Saki- 第87局『再来』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki167.jpg死亡フラグが立ちました!?
だいたいこういう台詞を言った後は、確実にボコボコにされるんだろ常考??www

ところで、先週出てきた謎の女子や先生はいったいなんだったのかな???
今週は打って変わって、まったくそれに触れられてないんですけど・・・。

咲-Saki- 第86局『新任』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki164.jpg今週は本編から離脱して宮守女子高のサイドストーリー的な短編なのでさらっと流す感じでいきますよ。

咲-Saki- 第85局『防塞』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki159.jpg副将戦が盛り上がらないまま終わろうとしてる!?
永水女子はシード校なはずなのに、ぜんぜんその威厳が保たれないまま負けていく展開でもいいのだろうか・・・。

manga-sekirei159.jpgこれは完全にユカリちゃんとのご対面フラグと取っても良いのだろうか??
実際には松さんの作戦っぽいんですけど、まだ全容が語られていませんです。
おそらく、今回の戦いには東と南の葦牙は参加してないし、このイベント自体が神器を手に入れて次のステージに向かうための通過点なので、すでに2つの神器を手にしている皆人さんは資格を手にしているんです。
そこで、この戦いの隙に襲ってくる可能性がある出雲荘には結たんや月海を配して、くーちゃんだけで乗り込むって考えなんかな??
どっちにしても真田さんと瀬尾さんも今回は味方なので十分ってことですね。

kiss×sis 第8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-kisssis18.jpg毎回毎回ストーリ的に進展のないエロ展開と、美春ちゃんのお漏らしだけがこの漫画の売りだと思ってたけど、圭太君の心境もなんだかんだでちょっと変わってきてるような気が・・・。

咲-Saki- 第84局『開門』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki153.jpg薄墨初美改め肌蹴る巫女のゲージがMAXにまで到達したんで、無双ゲージ開放ですね???
北家になった時に限って東と北を鳴きまくると、自然と裏鬼門に当たる西と南が転がり込んでくる・・・。
つまりは、大四喜確定ってことになるし、字一色もかぶれば超絶ダブル役満ってことで一気に相手を落とせるけど、ポイントは北家の時だけってことですよね。
あがったら親が流れて北家じゃなくなるしねー。

manga-sekirei153.jpg都市伝説ってこういった感じで脚色されていくんだよNE☆wwww
最近と言うか、もともと超常現象とか都市伝説の類は大好きな厨二病患者でしたから今でもそういったサイトやら番組はみちゃうのですけど、考えてみたら結局はこんな感じで尾ひれがついて面白おかしくなっていくんだよな・・・。

今回から第四回戦も始まりまして、こいつどっかで見たことあるけど、どー見てもサブキャラだよなーっていうやつの目線でいろいろ語られることになってますけど、いよいよ展開的に激しくなりそうです!!

manga-zettaikaren27.jpg26巻かぁー。
随分と長く続くシリーズだけど、第一線で活躍する漫画家の先生方ってオレには持ち得ない絵心というものを持っている上にストーリーとかシナリオを考え出す能力に長けてるんだからほんと尊敬いたします。

今巻では、情報を手にする為にパンドラの加納紅葉と皆本&賢木がデートもどきをしていたところにフェザーが乱入、さらには危機を察知したチルドレンたちを巻き込んで大騒動の『あのコとスキャンダル!!』とコメリカの上院議員の息子で、心を閉ざしたレベル7の少年を懐柔するために任務に向かった皆本さんの戦いを描く『600万ドルの男』になります。

咲-Saki- 『番外編』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki150.jpgやっぱり携帯のカメラじゃ光の加減とかが上手く行かないなぁ・・・。
かといってデジカメを買うつもりなんて毛頭ありませんし・・・。
だいたいカメラなんて趣味じゃないし、もともとお部屋代好きな引きこもりなんですので。
あえて言うなら、撮影するための環境をもっとちゃんとすれば見やすくなるとは思いますけど、そこまでやる労力をくれwww

今週というか増刊号ではのどっちの中学時代の短編なんですけど、本編に繋がるような事はない気がしますけど・・・。
ただ、穏乃(しずの)ちゃんっては最後まで登場しなかったけど、複線とかじゃねーだろーな??www
話の繋がりを解析しても麻雀繋がりじゃなさそうなんでスルーしてもいいかwww

咲-Saki- 第8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki149.jpgなんちゅーか、前巻のレビューを探したんだけど、7巻はスルーしてたんですねwww
おそらくは、ヤングガンガンの連載で感想書いてるからいいんじゃない??って感じだと思うけど、購入報告的な記事だけは書くはずなのに・・・。
まー細かいことは考えず、さらに過去は振り返らずに行きましょwww

で、オビにて重大発表って言ってましたけど、アニメプロジェクトの方は詳細が語られてないんですよね。順次ヤングガンガンにて詳細を発表っていうんでまだ分からないんですけど、漫画のほうは外伝が始まるみたいですね。
阿知賀編ってそもそもなんですか???www

内容のほうは色々と被るので省略しますね。

manga-sekirei150.jpgとことん美哉さんには手荒い扱いをされるよな・・・。
でもセキレイに出てくる男のキャラクターではかなり、というか一番好きかも知れないなー。
どーせ一般的には、女の子ならメガネ×スーツで柿崎とかに走るんだろうね??wwww
そして、西の葦牙の真田さんを出雲荘に呼び出した張本人でありました。

咲-Saki- 第83局『加速』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki143.jpgやっと最新刊の発売が告知されたけど、オビにて重大発表×2っていうのが気になる。
でも、だいたいこう言った前振りってたいした事ないって言うのが世間の常識なんですけど・・・。
まさか、アニメ2期を製作中とかって発表??
でも原作が全然進んでないのにアニメが先走り過ぎるって言うのはちょっとねー。
1期だって結局はアニメが先行しちゃって原作を抜かしちゃってたしね。

浪漫三重奏 第2巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-romansanjyusou3.jpg東京都の条例に引っかかるような成年コミックが取りざたされると、こういった漫画も槍玉にされるけど、基準がわからなくなってきた。
ただ、ほんとのロリロリしてる成年コミックは救い様がない位な設定なんですよね。
それに比べたらこういった漫画は優しい感じがするのはおれの判断基準が壊れ始めてるのか??wwww

東京ESP 第3巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp14.jpgリンカ・京太郎・小節VS教授・美奈実の戦いという構図が大まかなストーリー構成になってきましたが、まだまだ超能力の前面に駆使した戦いというより、格闘技のバトルにプラスアルファで超能力みたいな感じで派手さがないなー。

manga-sekirei147.jpg氷峨さんはもはやかませ犬的な扱いだと思ってるんですけど、俗に言う死亡フラグ的な台詞でしょうか??

これから鈿女さんを取り戻すべく神器集めモードに入るかと思いきや、葦牙総動員で4回戦がはじまるみたいですね。

宙のまにまに 第9巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-soramani10.jpg3年生も受験シーズンを迎えてしまって、なんだか終わり間近??
日本人って普遍的に変わらない漫画とかアニメに安心感を覚えるらしいけど、成長物語みたいな感じで時間経過がちゃんと描かれてる漫画のほうがおれ的には好きです。
すでにみーちゃんや小夜ちんも受験生になってセンター試験まで進んで、卒業となったら一区切りになりそうな気が・・・。

青い花 第6巻

| コメント(2) | トラックバック(0)

manga-aoihana7.jpgなんか最近は変態チックだったり、設定的にありえないような漫画やアニメ(もちろん漫画やアニメはそういうものだから否定はしませんけど)が溢れる中で、たまにこういった作品に触れるとなんか胸熱!!
それぞれの作品にはそれぞれの良さがあるんですけど、こういった百合で純愛な作品もほんとに味があって良いです。
そして新刊ではおれの想像を超えた展開になってて、ちょっとwktkしちゃいました。

manga-sekirei143.jpg今週のタイトルはおそらく何かのミスだと思われますが、初めて平仮名が途中に挟まれてるんですけど・・・。
タイトルはいつも特別編とか以外は、漢字とカタカナで表記されてたんですけどねー。
さて、話のほうはやっと古の記憶から現代に舞い戻って、いつもの日常に戻ってきました。
これから話がどっちに転んでいくのかが謎ですけど、神器をかけての団体戦の方はどーなってしまったんでしょう??

いろいろと語られましたが、健人さんがなくなられた理由に関しては極秘情報なんですね。

咲-Saki- 第82局『選択』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki140.jpgのどっちの対戦相手となる3人ですね。
変な仮面を被ってた沖縄少女が薄墨初美で一番左の子なんですが、肌蹴てますwww
えっ!?なんなのこれ??水着の後が出てますけど、どーゆこと??下に白いレオタードを装着って言う設定???下はいつもノーパン設定だし、なんか・・・興奮するじゃないのー!!www
でもって真ん中のメガネ少女が、中堅で活躍したうるさい女の妹で愛宕絹恵だそうです。
姉妹で対照的な感じですけど・・・。
そして、最後のが臼沢塞になります。
永水の薄墨以外はなんか噛ませ伽羅になるような気がしないでもないけどwww
特に愛宕妹は透華的な扱いになる気がしないでもないwwww

manga-sekirei141.jpg非常に長かった番外編のような展開でしたが、いったい何を言いたかったのかをやっと理解できました。
たーだ、どうしてもいまだに理解できないと言うか引っかかることがあるんですけど・・・。
要するに現代の人間の進化に紛れるように、セキレイと葦牙の血筋も絶え間なく脈々と現代に根づいているってことなんです。
それは普通の人間だった葦牙と特殊能力を持ったセキレイの混合種という形で鶺鴒基幹だけ失われることは無く現代にも生き続けてる。

つまり今まで見てきた似たり寄ったりのセキレイたちは、はるか昔の結たんや月海なんかのご先祖様ってことでおk??

そうなると結たんとかが乗ってた宇宙船はいったいどこから来たの??
どう解釈していいのかがわからないんですよね・・・。

咲-Saki- 第81局『注目』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki132.jpg部長は事後なので放心状態ですwww
これでやっと美少女麻雀漫画になるんですけど、騒動が巻き起こりそうな予感がめっちゃします。
県大会では順当そのものだったけど、今回はのどっちがぼろぼろに負けるような気がしてならないです。

manga-sekirei138.jpgさぁー、物語が訳の分からない方向へ進み始めたぞwww
前回見た結女ちゃんやほかのキャラクターと思われるセキレイたちは、皆人さんの記憶の領域を使って美哉産が見せてたビジョンなので、どこかしら皆人さんの知ってるセキレイとして投影されるそうなんです。
それらを差し置いても、この描き方は混乱するわぁーwwww

咲-Saki- 第80局『結果』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki129.jpg相変わらず戦いのほうは地味ながらも、1人だけうるさい女がいるwwww
副将と大将戦になったらもっと盛り上がると思うんですけど、あまりにも平穏と言うか、特殊能力を持ったキャラがいないんですよね。
永水女子のこの子も相手が張ったら安手で場を流すと言う能力があるみたいだけど、まったく持って脚光を浴びないwww

咲-Saki- 第79局『交錯』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki125.jpg掴みたい!!鷲づかみたいじぇ!!wwww
セキレイに続いて、こんなネタから入っちゃってさーせんwww
だって、両方ともに1ページ目にこんな絵を持ってくるもんだからwww

manga-sekirei133.jpg乳と乳の反発率は相当だなこれはwwww
まさに反抗期!!www(誰が上手いことをwww)

manga-zettaikaren20.jpgレビューというか、事細かにキャプチャーして、感想を書いてるよりも、日記風に『こんなの買いましたー!』『読みましたー!』的なブログのほうが良いのでしょうか???
ゲームにアニメに漫画等々、自分が興味を持ってるものを少しでも共有してもらえればと思って詳細な感想を心がけてるけど、実際は面白いのか面白くないのか程度の情報でいいのかなーって所で迷ってますです。
正直言うと、時間がないのじゃ!!wwww

ささめきこと 第8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sasameki18.jpg帯に書いてあった『これを読んで流した涙はきっとキレイな涙です。』っていうのがホントだと思う。
久々に漫画を読んでウルっときちゃいました・・・。
詳細は続きから見ていただければ分かりますけど、ついに純夏さんと汐ちゃんの関係が発展!?

最近いろんな漫画の2期ものが始まってるけど、ささめきことの2期も期待してるんだけどなぁー。

manga-sekirei128.jpgまたしてももったいぶらせるつもりですかお姉さまwwww

咲-Saki- 第78局『復活』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki119.jpgどっちがデクだよ!!wwww
完全に死亡フラグが立ってる愛宕ちゃんですけど、意外にこの手のうるさいキャラは重宝がられるから最後まで出番満載な気がする。
前回の上がりでトップに躍り出た姫松高校だけど、完全にターゲットにさせる為の悲しい演出だよね・・・。

manga-sekirei124.jpg単行本が11巻まで出てるんだから、気がつけばセキレイも長編漫画の部類になってきてるんだよね。
そうなれば、そろそろ物語りも核心的な展開になってくるのが世の常ですが、今週号はまさしくそんな感じです。

咲-Saki- 第77局『萎縮』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki114.jpgえっと、まさか純白の!?
いやいや、部長は大人だから黒とか??
え??違うの??そういう話じゃないの??

まー気になる方は続きからどーぞwwww

manga-sekirei121.jpg今週号は特別編と題して壱ノ宮夏朗と鴉羽様が婚ぐに至ったエピソードの紹介になってます。
鴉羽さまの隣に居る白衣の青年が夏朗なんですが、たしか彼はM・B・Iの職員かなんかだったような気がするんだけど、違ったっけ??

咲-Saki- 第76局『不安』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki112.jpgまこちんがあっさりとトップを奪い返して、中堅戦もさらっと流すと思いきやそうも行かないような雲行きに??

おしおきっ! 1巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-osioki1.jpg今年最初の漫画レビューは個人的に煩悩むき出しな感じでwwww
おしおきする側が生徒会長の東雲紫苑ちゃんで、受け手が左の白藤湊ちゃん。
ご存知のとおり??百合設定は神だと思ってるけど、そこに主従関係とかおしおきなんてキーワードが出たら発狂寸前wwww
百合厨にもいろいろあれども、高慢なお嬢様タイプが出てくるのもあんまり好きじゃないし、お堅すぎるのもダメなんです。
要するに女キャラばっかでまったりしてる漫画なら基本って受け入れ許可!!wwww

でもって、百合だかおしおきだかを検索(お前は何を調べようとしてたんだ!?www)してましたら、アキバBlog(秋葉原ブログ)さんにて紹介されてる記事を目にしちゃって。
なんとも甘美で淫靡な表情なんでしょうwwww
とりあえず購入しちゃいまして、年末には届いてたんですが今になってしまいました。

のんのんびより 第2巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-nonnon5.jpgニコニコのトップページにラノベのアニメ化の功罪という記事がありまして、ちょっと真剣に読んでしまいました。
確かに最近ストーリーや世界観も出来上がってないような漫画が、製作スタッフによっていろいろと色をつけられて、アニメ化になってるんですよね。
おれも基本的にアニメや映像になった方が感情移入しやすいタイプなので否定ばっかりは出来ませんけどNE☆
とりあえず、この作品はキャラがそれぞれ個性的だし、アニメで見てみたいなぁーと。
ただ、あの記事を読む限りでは、のんのんはラノベでも4コマでもないし、きっついかもね。

東京ESP 第2巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp4.jpg1巻の時点ではそんなに物語的に期待してなかったのですが、2巻の展開を見て面白くなってきましたよ。
まだまだ物語の核心を突くような人物もチラッとしか登場してないし、どんな話になっていくのかが分からないですけど、やっぱり格闘に超能力とかマジでおいしいwww

セキレイ 第11巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sekirei120.jpg中身を紹介しようにも隔週の連載を感想で書いてるので、まったくやりようが無いジャマイカwwww
巻末4コマもなんだかネタ的に不発だし・・・
とりあえず、ちゃんと単行本も買ってるほどセキレイを、いや結たんを愛してます的な報告だけで良いよね??wwww

内容的には、ホント最近の連載に迫るところで、鈿女さんの個体を回収すべく懲罰部隊がやってきたところまで掲載されてました。

これだけで納得できないのなら、あとはおれの結たんへの愛情を語りつくそうか??wwww

NEEDLESS 第12巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-needless11.jpg新刊の情報は基本的にAmazon任せです、はいwwww
本屋は好きなのでフラっと立ち寄ってみたり、何の用事も無くても本屋に出かけたりするんですけど、新刊が出てるのを見てAmazonで注文wwww
どんだけAmazonが好きなんだよって話ですwwww
だから、おすすめ商品を見たら新刊の発売が分かると言うことですよね。

manga-zettaikaren13.jpg前回の投稿から1ヶ月しか経ってないんですけど・・・。
ほんとに発売までの期間が早すぎるんです!!www
椎名先生仕事し過ぎです!!www

そろそろ中学生編をちゃんとアニメでやっていただきたいのですけど、そんな話は微塵も出てきませんよね。

咲-Saki- 第75局『奪回』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki106.jpg激しくデジャブwwww
やっぱりこーなることはなんとなく予想できてたけど、今現在トップは宮守女子で、2位が3倍満をタコスに直撃した永水の巫女軍団で、3位がタコス。
タコスが切れたじぇーとか言わなかっただけ成長出来たんじゃないでしょうか??www

manga-sekirei116.jpg前々回、機能停止した鈿女さんの個体を回収すべく登場した懲罰部隊。
機能停止したセキレイは、高美さんの手によって処置を施された後に専用の施設で眠りにつくそうなんですが・・・

kiss×sis 第7巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-kisssis9.jpg見えるか見えないかの微妙なチラリズムって良いと思うけど、見えてるのを照れながら必死で隠すのも良いよねwww
そういう意味では、7巻は完全に方向性がチラリズムから完全に見せてるっていう状態になりつつあるんですけど・・・。
これって、今話題の都の青少年健全育成条例とかってやつにひっかかるよね??wwww

ささめきこと 第7巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sasameki8.jpgそんなこと言うまでもないな!!www
妹と彼女なら、妹を選ぶのは兄としての当然の義務だなwww
確か憲法でも決まってなかったっけ??www

いきなり巻頭から見知らぬ女との会話だったからなんのこっちゃと思いきや、汐ちゃんのお兄さんの同窓会での昔話でした。

現実世界で妹がいないから、こういった話って、ノリで話してるだけなんで、実感がまったくともなわないんだよな・・・
だれか妹をくれwwwwできたらお兄ちゃん想いな可愛い妹をプリーズwww

manga-zettaikaren3.jpgジャンプもマガジンも読んでた期間はあったのですが、サンデーだけは読んだことは無かったんです。
毎週連載だとしても、結構新刊が出るペースが早いような気がするんだけど、1話でどのくらい掲載されてるんでしょ??

それはそうと、マジで中学生になってからの話を、ちゃんとアニメでやってほしいなー。

咲-Saki- 第74局『神鬼』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki101.jpgまったく活躍が目立ってなかった姫松高校先鋒の上重漫ちゃんですが、そろそろクル???wwww
学校内では、相手が強いほど爆発するタイプなんですが、いつになったら・・・

manga-sekirei112.jpg最新の11巻が12月25日に発売です!!
ある意味サンタさんからのプレゼント的な!?www

さて、今週の話のメインはミニスカでウハウハじゃなくって、ユカリちゃんと椎菜の愛情物語でした。
懲罰部隊との戦いが始まると思いきや、始めのほうでちょっと触れただけで、物語の部隊はこっちみたいですNE☆

咲-Saki- 第73局『予感』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki97.jpg久々のセンターカラーなんで大事な部分を拡大してみました(ツッコミ不許可www)
ちなみに乳は元から拡大さ(ry)www

いつもなら、そろそろタコスが切れてくる時間帯のはずなのに・・・

manga-sekirei107.jpg漫画を読んで涙が出てきた・・・
おれの心もまだまだ汚れてないんだよね??wwww
そりゃーぴゅあって言葉とは程遠いくらいに心の汚れてる大人ですけども、感動したり夢見る心は残ってますよ!!www

ってゆーか、漫画や小説で泣く事なんてめったに無いんだから、相当思い入れがあるんだろうなーって感じました。

咲-Saki- 第72局『余裕』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki94.jpg前号は休載だったから内容忘れ気味だったジャマイカwww
憶えてるのは乳が大きいって事だけDA☆www
どの道、タコスの快進撃はここで止まるって言うことだけは言えるよね。

しかし、展開の遅すぎて、アニメの2期は相当先の話だろーね・・・。

けいおん! (4)

| コメント(0) | トラックバック(1)

manga-keion10.jpgサザエさんやクレヨンしんちゃん(妹は生まれたけど)が国民的なアニメって言われるのは、ある意味年齢や成長を語ることが禁じられてるからなんだろうね。
そーいう意味では卒業して終了って言うのは潔良いのかもNE☆

でも、一抹の寂しさはあるよねー。
おれのむぎちゃんがもう・・・

manga-kimitodo26.jpgようやくこれで8巻が終了だ・・・。
って、今月には12巻が出るというのにまったくもって更新が進まない現状に・・・絶望したっ!!www

アニメみたいに毎週1話づつ更新していかないと、そー思ってるんですが追われるんです・・・
記事やゲームや仕事にwww

付き合い始める前の段階って楽しいと思うんだけどなー。
そりゃー付き合い始めてのほうが楽しいのは当然のことなんですけど、その前の段階は恐怖感や不安以上に期待感とかの方が強いんだけどなー。
まぁーまったく望み薄だったりしたら違うんだろうけどね。

manga-sekirei101.jpg志村後ろ!!wwww
胡蝶がセキレイだったってことをはじめて知った・・・。
柿崎と同じくただの秘書だと思ってたのに・・・。

咲-Saki- 第71局『怪物』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki90.jpg東二局は無い!!
先号の終わりに大々的に宣言しちゃったから後には引けませんが、持ち点10万の団体戦なんだから気の遠くなるような話だなーwwww

完全に死亡フラグが立ったと思ってたのに、意外や意外!!
あー、でもタコスがどうのこうの言い出したら終了のお知らせだなwwww

咲-Saki- 第70局『東風』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki85.jpgなんか珍種を紹介するコーナーが始まったようですwww
確かに東場だけは異常なツキを持ってるのは常識外だけど、基本的には後半に行くほど人間って集中力切れてくるよね。
おれなんかも東場は面前で行くけど、南場の終わりころは鳴きが多くなるしwww

manga-sekirei97.jpgそう言えば、前にお外に出た時はバイクだったけど、松さんも元懲罰クラスなのに身体能力はダメダメなんですねー。
セキレイって体の作りが違うからって誰でも跳んだり跳ねたり出来る訳じゃーないんですねwww

みつを的に表現すると・・・
だってセキレイだもの みつを
そー言うことですよね??wwww

東京ESP 第1巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-tokyoesp1.jpgどこに惹かれたかって!?
そりゃー制服女子高生に決まってろーがwwww
いあいあ、マジで違うって!!www
実際は、ESPって言う響きに釣られました。
もともと超能力を描いた漫画やアニメは無条件で好きなので、基本受け入れるんですが。表紙の女子高生と裏書の内容紹介で即買いwww

んでもって、後で調べましたら喰霊を書いてる方の次期作だったんですねー。
絵のタッチも好きだし、ちょっと喰霊も買ってみようかと検討中です。

manga-kimitodo22.jpg疑心暗鬼を生ず!!
ほんと先人たちが残した数々の言葉には重みがありますなwww

のんのんびより 第1巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-nonnon1.jpgなんだか作画やキャラクターの構図だけで買うと、どーしても似たり寄ったりになるのはしょーがないよNE☆www
ラフすぎる感じのもダメだし、絵がごちゃついてるようなのも受け入れがたい・・・
となると、だいたいがこんな感じの漫画になっちゃう

あ、別にロリってわけじゃないからねwww

内容的には、ド田舎に暮らす小中学生のちょっと笑えるほのぼの系な漫画です。

咲-Saki- 第69局『抱負』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki81.jpgやっと、やっと美少女麻雀漫画の始まりかっ!!wwwで
優希ちゃんの台詞にある、ちょっと厠で化粧直しってwww
いつの時代の人!?www
出陣前の戦国武将の立ち振る舞いかよwww

今までのパターンだと、タコスパワーが失われて、失速して泣いて戻るって展開だと思ってたけど・・・。

manga-sekirei91.jpgさすがに108羽も居るとなると、主要キャラクター以外は似たり寄ったりの見た目になっちゃうのはいたしかたないんだよね。

manga-saki76.jpgヽ(o・ω・o)ノ
ってだれ??wwww
いあ、ほんとに記憶にないのだがどうしよう・・・

おれさ、一度だけ地元の駅で『オオ、ヒサシブリ!!』ってまったく知らない外人に話しかけられたことがあるんだけど、そんなときの気分www

manga-sekirei87.jpg増刊号に番外編が載ってるなんて気がつかんてwww
増刊号のセキレイは、幼女の存在価値について大いに語ってくれてます!?www

浪漫三重奏 第1巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-romansanjyusou1.jpg釣られたクマー!!wwww
まにまにとかジョジョのSBRの新刊を買おうと本屋を徘徊wwww
な時に見つけて、この際・・・
釣れぬなら 釣られてみよう ホトトギス??
釣られてみました!!www
あくまでも表紙絵だけで!!www

おれのセンサーって・・・大丈夫か??www

manga-kimitodo20.jpg忙殺!!
今のおれの心境を2文字で表してみました・・・wwww
忘れてるわけじゃないんですが、アニメの感想を書き終わったころにはヘトヘトwww

それに、1話毎に記事にしてるんで、なかなか思うように先に進まないんですね・・・

manga-zettaikaren1.jpgアニメ版の放送が終わってからは、なんか情熱が下降線になる一方で・・・
ちょうど、ブラック・ファントムが出てきたあたりから、登場人物が多くなり過ぎ・・・・・・
アニメだと物語がつかみやすいんだけど、漫画だと何度も見返さないと前後の繋がりとかが理解できないタイプなのでwwww

宙のまにまに 第8巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-soramani2.jpg思い返してみたら、7巻の感想って書いてなかった・・・・・・
画像の通し番号を確認しようとして、過去記事を検索すれども見つからず・・・wwww
完全にスルーしてましたNE☆
まぁー今更なんで、いいですよね??www

咲-Saki- 第68局『始動』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki70.jpg何で話がそんなにいきなり飛ぶのよ!!www
はっ!?
まさか!!ディアボロのキングクリムゾンの仕業か??www
だって、槓しての嶺上開花狙いは咲ちゃんの専売特許のはずでしょ??

manga-sekirei83.jpg(*´-ω-)人逝ってらぁ~www
毎回思うことは、出雲荘の運営資金っていったいどこから湧き出てくるのかってことですwww
だって、瀬尾さんとかは、ちゃんとバイトしたり何でも屋をやったりして生きていくことに前向きなのに、ここ最近では皆人さんですらバイトをしに行ってる様子がないのはこれいかに??www

健人さんの月命日のお墓参りでお出かけする美哉さんを見送って、さー作戦始動です!!

manga-sekirei78.jpg今週はまさしく妹萌えの回DA☆www
体育座りで反省中とかマジで慰めてあげたいわぁー、後ろからぎゅーっとしてNE☆
ぎゅーっとだけでは満足できないけどwww

咲-Saki- 第67局『応援』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki65.jpgねーねー、試合まだー??www
応援パートがいくらなんでも長すぎですっ!!
試合になったらなったで妄想パートがふんだんに使われるから長引くし、こんなんじゃアニメの2期がいつになっても始まらないですよー。

巨乳でメイドさんとなると・・・・・・もうエロ的な要素しか感じられないwww
あ、別に変なDVDの見すぎとかじゃないんだからねっ!!www
逆に残念な胸のメイドさんとなるとエロ要素はないけど、ご主人に虐められてるイメージが・・・www

NEEDLESS 第11巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-needless2.jpgあるぇ??www
いつの間に5巻以降揃えたのぉ??
報告がないんだけどwww
細かいことは気にしない、気にしてたら何も始まらないのさwww

でもって、実を言うとこれを買いに行ったんじゃなくって何気に寄った本屋に置いてあっただけっていう罠www

セキレイ 第10巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

アニメ2期の放送を前にwktkが止まらないぜwwww
しかも、けいおん!!が2クールなんでむぎちゃんと結たんが・・・まさしくハァハァな1週間を過ごせるじゃまいかwww
ってゆーか更新の苦労をまったく考えてないが・・・wwww
manga-sekirei73.jpg発売日の昨日に買いに行って参りまして、とりあえずは読みました!!
しかーし、ブログでキャプしだしたあたりからなのでしっかり記憶してるしwwww
改めて撮るのもあれなんで、購入しただけって言う報告にとどめておこうかと思った・・・。
だがしかし!!
面白いページがあったからそこだけ紹介していこっと。

咲-Saki- 第66局『休息』

| コメント(0) | トラックバック(0)

PSPの咲-Saki- Portableを早いところ終わらせて、プレイ日記にしないと・・・
そう言ってまたしても自分にプレッシャーをかけるつもりかwww
manga-saki60.jpgいつになったら全国大会のトーナメントが始まるの??www
まぁー原作もゆるーい感じで、いざ戦いって時は結構緊迫感があるから好きだし、アニメの方も妄想モードはいることがよくあったしねー。

清澄高校は、トーナメントの初戦が3日後なんで休息的に東京見物って事で自由行動中です。
いろいろと、見所満載な感じだけど、やっぱり部長とキャプテンのラブラブっぷりで妄想を膨らまそうwww

セキレイ~Pure Engagement~の先行放送になる第1話をこないだ見てきました。
いきなり前回の続きから急展開していくのかなーって思ってたんですけど、セキレイと葦牙の生活をまたーり紹介的な回だったwwww

原作と違って、アニメ版のほうは久能ちゃんとハルカ君の帝都脱出を手助けした時には風花さんと皆人さんはまだ婚いでないんだけど、1話でもそれらしい展開にはならなかった・・・。
あれをどうやって話をそっちに持っていくんだか・・・。
manga-sekirei68.jpg社長って・・・www
ゲームマスターでもあり、大企業の社長でもあり、セキレイたちの生みの親でもある・・・
が、しかし絶対権力者って言う感じでもないし、こんだけセキレイ達に悪く言われるのは人柄ゆえでしょうNE☆
でも嫌いじゃないですよwww
なんかわかる気がするのよねー、きっとこの社長もHENTAIに違いないwww

青い花 第5巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-aoihana1.jpgささめきこと、と同様に発売してから数ヶ月がたってるんで、非常に冷めたネタになっちゃうけど・・・
たーだ、何にも無かったことにして闇に葬るのは人としていくないと思います!!www

時間はたってネタの温度は冷めてきてても、百合百合への情熱は常温以上ですwww

ささめきこと 第6巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

一度やろうと決めたことは後には引けない・・・
そんなわずらわしい性格も、時には愛着あるんだZE☆www
いい加減購入して軽く目を通して、脳内妄想??を完了させて本棚に羅列してある本の感想をうpしていかないとネタ切れ(更新するエネルギーの補充の方が大事だろうがぁぁ!!ww)する恐れがあるので時間がある時にでも頑張りますってことで、ただいま連休中www
manga-sasameki2.jpg発売してからすでに3ヶ月近くが経過してるんで、タイムリーな話題じゃなくなってる・・・。
だが、おれの中では常に百合百合妄想は日課なので新しいも古いも関係ござーませんwww

アニメ版の方が作りこみ画ちゃんとしてたせいなのか、実質2巻までの内容だったからねー。
いきなり汐ちゃん暴走から始まっても・・・
5巻の最後で、女子空手部の活動も軌道に乗って、ちゃんと部室まで頂きました。
さぁーこれから頑張らないとって思ってる純夏さんの態度にいろんな思いが交錯して暴走しちゃった汐ちゃんです。

kiss×sis 第6巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-kisssis1.jpgやっぱり原作が一番!!
アニメのほうもそれとなしに(それとなしってどーゆー事だよww)見続けてますけど、なんか遠慮がちなスローテンポっていう感じの展開だし、全力でギリギリのエロさを発揮してくれって感じだよNE☆

manga-kimitodo14.jpg普段通りの笑顔でいようと思うけど、普段通りの笑顔って何なのかが分からなくなって、トイレで確認中の爽子さんの図www
笑顔の練習とかはしないけど、普段通りって言葉は難しいよねー。
おれ普段は血圧が110-50前後な低血圧なんだけど、会社の健康診断や病院で検査された時に『普通に呼吸してください』の一言にやられるwww
はじめは普通にしてるんだけど、そんな時に限って血圧が150-80とかになって、『もう一回計りますから深呼吸してください』なんていわれちゃったら、はい終了www
吸ってるのか吐いてるのかすら分からなくなってドキドキしちゃう悪循環www

6月25日(金)に最新10巻が発売でーす!!

なんか、イベントとか購入特典とかがアキバでやるみたいなんで、久々にカオスな街にくりだしてみよっかなーwww
来月からアニメの2期も始まるし、なんか盛り上がってきてるよNE☆
おれ的にも嫁が待ってるのでwktkしちゃってますwww
manga-sekirei63.jpg正統なる神器の持ち主だった者・・・
過去形的な表現ってことは神器の持ち主は浅間健人さんって言うのが正しい認識??

咲-Saki- 第65局『抽選』

| コメント(0) | トラックバック(0)

そう言ってみたら、7巻が発売されてから見所を撮り込んで紹介と感想を書いてないけど、もーいいよね??ww
だいたい
7巻の内容って、この局立ての紹介をしはじめた最初のほうの記事だからNE☆
manga-saki55.jpg前回での感想にも書いたけど、やっぱり県予選で戦ったメンバーは声援をくれるサブキャラ的な要素でこれからも登場してくることがこれで確定した瞬間。
結局は、声援や妄想を武器にあらぬ力を発揮するのがこの漫画のデフォだしね。

咲-Saki- 第64局『上京』

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ全国のインターハイの開始で、訳の分からないコスプレ学校やら魔法少女見たいのやらが出てくるのかと思ったのに・・・。
ここにくるまでが長すぎて、キャラクターへの愛着??
はたまたピンチになった時の声援という伏線??
どのみち、結局はあの子達がこれからの物語にも絡んでくるって言うことになりますですwww
manga-saki50.jpgのどっちの立ち振る舞いって言うか、歩き方がキャビンアテンダントのあれだよなー。
胸がある子ってさー、なんとなくだけど姿勢が悪いって言うイメージがあるんだけど・・・。
垂れるから重力で引っ張られるのか、はたまたコンプレックスに感じて前屈みになって隠してるのかわかんないけど、どーなんでしょ。

気になって気になって仕方がないのに、記事にしながら読み進めるって言う方法なんで、一向に先に進まないこの負のループwww
7巻以降は揃えてあるのに、読み進められないこのもどかしさ・・・
という訳で、時間が許す限りは記事にしていきたいなぁーと思ってます。
manga-kimitodo9.jpgバレンタインイベントでは結局渡せないまま、進級してみんな2年生。
朋ちゃんやえっこちゃんや風早君や龍君、そしてちづちゃんやあやねちんも全員同じクラスという大統領候補??による計らいで奇跡的な演出から新学期のスタート。

くるみちゃんからバレンタインの時に言われた一言が、ずっと頭の中で引きづったまま、自分の本当の気持ちも整理がつかないんだよね。
むしろあの一言で、ある意味自分の中に大きくなってきた風早君への思いに気がついた、いあ気がつかされたんだろうねー。

今年の夏はいよいよセキレイの2期のアニメが始まります!!
これでけいおん!!がおわっても寂しくなんかないぞー!!
むぎちゃんのあとには結ちゃんがまってるもんwww

今週は、3回戦も終わった後の過去回想的な回なんだけど色々とおいしかったww
manga-sekirei57.jpg発信機によって居場所を特定された鈿女さんと葦牙の千穂ちゃんの出会いの回想が今週のメインなんだけど、皆人さんと焔さんが男同士なのに対してこっちはなんとも素敵な百合www

咲-Saki- 第63局『散会』

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ次号から全国インターハイがスタートするみたいですNE☆
そんな訳で、今週はかなーりと言うかほとんど繋ぎ的で、何の進展もない感じでした。
manga-saki47.jpg合宿も終わりになって、鶴賀のメンバーたちだけは早朝に出立することになったんだけど、一度立ったフラグはちゃんと回収してから帰路に向かわないとねwww

実際のところ男女関係で言えば、自分の好きな女の子の事を呼び捨てで呼ぶ男がいたらそりゃーそういう関係なのかって気になるよねー。
まさにそんな状態が今の桃子でありましてww

どんなカタチにして感想を書き綴ればいいかとちょっと模索してたんだよねー・・・
単行本1冊として目立ったところを撮って感想にしていこうと思ったんだけど、あまりにも内容が濃すぎるwww
大雑把にするにはもったいなさ過ぎるほど濃厚なのでwww
結局のところじっくり味わえるようにエピソード単位で区切りながら気長にやって行きたいと思います。
manga-kimitodo1.jpg男女のイベント事となれば、あやね(黒)姉さんの出番なのは周知の事実www
バレンタインなんて・・・けっwwww
特に学生時代のバレンタインなんて、どこのページをめくってもハートマークが出てくるような記憶がないwww

最近は友チョコなんていう考え方があるけど、あれっていつ頃から流行りだしたんだろ??
おれの子供の頃には聞いたことすらなかったのに・・・。

manga-sekirei54.jpgひらがなでしゃべってやろうか
おまえみたいなばかでもわかりやすいように
ぜんぶひらがなでしゃべってやろうか?www(銀魂三一巻参照)

甘えん坊モード???
そーでなくって、結ちゃんはネムネムモードで自分の言ってることがわからない状態で口走ったみたいです。
誘拐されたってどゆこと??
しかも鴉羽様と結女様が助けてくれたって・・・
結女のもとに結ちゃんがいたのって赤ちゃんくらいの時だったような気がするんだけど、この話って結構物語の核心に触れそうな気がするNE☆

咲-Saki- 第62局『模倣』

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月24日(土)に咲-Saki-最新第7巻が発売

ラブじゃん(ハート)マホちゃんの必殺技完成!ってのが売ってたんだけど、密林さんのレビューがあまりよろしくなかったので結局購入を回避しましたww
manga-saki40.jpgのどっちの名言ktkr
のどっちはおいらの妄想の中ではマゾキャラなんだけど意外や意外・・・www
ってゆーかおいらの妄想っていったい・・・www

ゲーム版のセキレイにしても、漫画版のセキレイにしても必死でブログ記事にしてるので、見てくれて感化される人がいるのは嬉しいよねーい。
ソロちゃん乙ですww
そしてこの場を借りて改めて宣言しておきますNE☆
結ちゃんはおいらの嫁DA☆

咲-Saki- 第61局『本物』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki34.jpgタコスっていったいどこで手に入れてるんだ??
実は今までタコスって食ったことないんよねー。
とりあえず着眼点はそんなところじゃなくって、マホちゃんのニーソと絶対領域がすばらしいってところですww

manga-sekirei44.jpg渡さないだろうし、戦えないだろうし・・・。
なんか展開的にはうずめちゃんはそのうち皆人さんのセキレイになるような気がしないでもないんだよなー。
でもそーなると、千穂ちゃん終了フラグになるのも悲しいしなー。
見てる限り主要人物の悲しみエンド的な展開を極楽院先生は使わないからそれはないかな・・・。

咲-Saki- 第60局『伏兵』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki29.jpg前回の最後で衣ちゃんに咲ちゃんと藤田プロに割って入った変態、じゃなくって透華お嬢様の対戦は4局目でお嬢様失神だったそうですww

カンはしようと思って出来るもんじゃないからww
のどっちの表情がすべてを物語っていますよww
なんか訳まかんねーこといってんじゃないわよって目をしてる。そんな気がするーww

ちょっと増刊号とか笑っていいともじゃないんだからやめてよww
昨日書いたばっかなのにもー新しいのが出てるし、早すぎるってばさーww
隔週の発売だからいーけど、アニメ銀魂が終わったら毎週ジャンプの連載に感想を入れるって言っておきながら、なんか怖くなってきたww
manga-sekirei38.jpg社長ー!!
って叫ぶほどこのキャラに思い入れはないけど、一応言っておこうww

manga-sekirei32.jpg今週の番外編のセキレイはほんとに袋とじになってたんです!!
子供の頃にドキドキしながら破って中身にがっくりしたあの袋とじ仕様ですww
とりあえず、R指定ってことで純粋なお子様はこれ以上を読まないようにお願いいたしますww
(だから開けるな危険って言われたら見たくなるのが人間心理だと言ってるだろーにw)
ほんとに刺激が強いので覚悟してくださいNE☆ww

manga-saki22.jpgえっ!?
臭いの??
そんなに臭っちゃうの??ww
増刊号なせいかセキレイも咲も本編とは違う番外編になります。

咲-Saki- 第59局『豹変』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki16.jpgアニメでの放送では和気あいあいで、咲ちゃんとのどっちの純愛ストーリーまっしぐらだった合同合宿も原作ではなんだか重々しい展開になってきた・・・。
重々しいってことで胸が重々しい(関係ねーだろww)和さんww
でもスカート短すぎるよねー、だいたい女子高生って折ったりして短く見せてるのにデフォでこの短さだよ、なんて素敵な清澄高校DA☆ww

セキレイ 第9巻

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-sekirei24.jpg月海たんも可愛いと思います、でも結たんはもっともっと可愛いと思いますww(いあ、くどい位に言っておかないと結たんを狙ってるライバルが多いからさw)

もち愛してるから発売日に購入して本棚に羅列(おい!すぐ読めよ!w)
心に安らぎがあるときに読まないといろいろと妄想で暴走っていう落ちがあるので正月休みにゆーったり結たんを堪能してましたww

やっぱりセキレイ最高だしーアニメ2期楽しみだDA☆

けいおん! (3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-keion1.jpgよーやくたまってる単行本を読む機会が出来たんでちょっとづつですけどキャプ画織り交ぜて感想を書いていこうと思うんだけど、みんな単行本一冊詠むのにどんくらい時間掛かってるんでしょ??
おいらはきほん30分前後だけど、遅いのかなぁー??

アニメ画放送終了になってから熱が下がってると思ってた・・・
ところがどっこい、やっぱりけいおん!面白いよNE☆

manga-sekirei19.jpgこれが葦牙とセキレイの関係性なんだと思うけど自分を慕ってくれる人、特に女の子に要らないとか絶対に言えないよなぁー。
だからこそおいらは勝負ごとに対して冷徹な判断を下すことができないんだけど、負けて悔しかったり悲しかったりするのは自分だけ十分だと思う。

咲-Saki- 第58局『合宿』

| コメント(0) | トラックバック(0)

manga-saki11.jpg和のことは前からノノカって呼んでたけど、咲ちゃんのことは嶺上使いって呼ばないで咲って呼び捨てなんだNE☆
幼い衣っぽくて、気取らないところは好きです。
ただノノカって言うところを見ると滑舌が悪いのか、あの芸人を思い出すんですよねー、重盛さと美さんを。けっこうおいらはこの手のタイプに弱い。
といいますかなんかいじめたくなるww(結局そこかよw)

でもって結局遊びって言ってもこの面子じゃ麻雀以外にやる事なんてないよねー。(といいますか、合宿に来てるんだからねw)

manga-sekirei13.jpg今週は3ページだけ巻頭カラーなんすよねー。
4回です、いつもいつもいつもいつもww
ちょっとストレスがたまり気味な月海さんです。
でも結ちゃんは生粋の天然だから、悪意がないからしょーがないですよNE☆

manga-sekirei8.jpgここでどいたらすべての漫画のラブロマンスはフラグが立たずに話が成り立たないという伝説のイベントですね、わかりますww

咲-Saki- 第57局『四校』

| コメント(0) | トラックバック(0)

アニメであれだけ原作越えの放送をしちゃったから実際にはどーいった展開に持っていくのかが逆に楽しみかなー。
manga-saki6.jpg初めての敗戦を味わって落ち込んでると思いきや、友達ができたと喜ぶ衣と龍門渕のみんなで話してるときに、衣は一番生まれたのが早いんだから末っ子じゃないと言い張るの時のシーン。
ここはちゃんとアニメでもあったねー。
やっぱり衣は可愛いなww

咲-Saki- 第56局『全国』

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回が増刊号だったから今回の発売日を完全に間違っててさー、本屋さんで探したら新刊のところに置いてなくって一瞬焦ったさww
帰ってきて、前号の目次見たら先週発売って・・・。

久しぶりの咲でござーます。
個人戦は完全にアニメオリジナルっぽい感じで、原作のほうは全国大会に向けまっしぐら的な展開になってます。
manga-saki1.jpg姉ちゃん3条件から大きく外れたイタだけないお姉さんの宮永照を擁する白糸台高校が西東京大会の団体戦を圧勝したことはアニメのほうでも演出があったよね。
あ、ちなみにお姉ちゃんである鉄則は
・妹(弟)想い
・時に姉特権で理不尽な命令をしてくる
・姉妹2人だけになると急に甘えたりしてくる
・家事、洗濯は得意
とりあえず、こんなお姉さんを募集しております(おいおいw)

12月25日にセキレイ最新9巻の発売が決定!!

クリスマスに発売なんてww

アニメも2期の製作は発表はされてるけど、1期の最後からまだそんなに話が進んでないのに大丈夫なんかぁ?
そもそも第参段階がもーちょい落ち着かないと1クールすらキツイっしょ・・・。

manga-sekirei1.jpgでは遠慮なく行かせていただきます(おい!w)
なんと言ったらいいのか何をしたいブログなのか方向性に迷ってるよNE?ww
近況報告っぽいことが全然書けてないのがちょっと引っかかるけど、アニメ見たり漫画読んだりゲームしたりと頑張ってるので流し読みでお願いします。

ほんとにさーせん...... ( 〃..)ノ 反省!
いきなりこんな事言ったら訳わからんって!
分かってるんですけど遊び心が欲しインカ帝国(意味が分からなければ『銀魂 お通語』で検索してNE☆)

もうちょっと分かりやすいようにカテゴライズも細分化しようと思ってます。
どの道新しい企画って言うか記事を考案中なんで近いうちにやりますねーい。

で、何が言いたいかって??
やっぱり男とか女とかって言う前にさ、軽はずみに自分の思いとかを口にするのってだめだと思うんです。おいら一番嫌いなのは約束を平気で破るタイプ。
そんなわけで有言実行の結果を・・・。

プロフィール


Author⇒蒼井さくや
年齢⇒荒ぶってる中年(泣)
性別⇒♂
血液型⇒典型的なO型
《蒼井さくやの商品タグ》
R-18 荒ぶる中年 人生空回り
変態という名の変態 リア充
衝撃のラスト 大体こいつのせい
またお前か 愛すべき馬鹿
病院がこい この発想はいらなかった

こんなタグが付けられる人間だそうです(しずかちゃん談w)

【ばにら☆そると(仮)の概要】
ゲームのプレイ日記からアニメや漫画の感想をあくまで個人的な目線で書き綴っております。
競馬予想、時事問題、日記から全てがごちゃ混ぜなのでお好きな商品をお召し上がりください。

メールフォーム

カレンダー

<   2013年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

カテゴリ

ランキング

Powered by Movable Type 4.22-ja

アクセスカウンター

トータル訪問者数
現在の見てくださってるのは
いつも見てくださってる皆さんには本当に感謝してます(はーと)

twitter

時計


右クリックメニューから表示キャラ
クターを変更できます。
むぎちゃん一択だろ常考(笑)

web拍手

最近のトラックバック

リンクサイト

サイト名にマウスを持っていけば簡単な詳細が表示されます。
☆フレンドリンク☆
Romantic*Lady
いつも心に太陽を☆
華南鞠亜ちゃんのオタクブログ
空色きゃんでぃ
還山捫虱堂
☆お気に入りサイト☆
ハルカレンダー
☆公式サイト☆
戸松遥公式サイト
☆アンテナサイト☆

リンクは基本的にフリーです。
コメントかメールを送ってくだされば相互リンクさせて頂きますのでお願いいたします。
(バナー鋭意製作中ですww)

アイテム

  • manga-yumekuimerry6.jpg
  • manga-tokyoesp69.jpg
  • manga-tokyoesp68.jpg
  • manga-tokyoesp67.jpg
  • manga-tokyoesp66.jpg
  • manga-tokyoesp65.jpg
  • manga-tokyoesp64.jpg
  • manga-tokyoesp63.jpg
  • manga-tokyoesp62.jpg
  • anime-railgun229.jpg