STEINS;GATEの最近のブログ記事

anime-steinsgate123.jpg

-今週のあらすじ-
シュタインズゲートに到達し、しばし平穏な日々をすごしていたラボメンであった。
そんな彼らのもとに届いたのは、LAで行われるライネット大会に出場するフェイリスからの招待状であった。
そして訪れたLAで待ちかねていた牧瀬紅莉栖は、いつものような対応であったが気がかりになることがあった。
それは、倫太郎が語った別の世界線での話であり、それらの記憶を夢のような形で記憶している紅莉栖には色々と気にかけることがあったのだが・・・。

anime-steinsgate120.jpg

-今週のあらすじ-
倫太郎が見た過去を変えずに牧瀬紅莉栖を救うことがシュタインズゲートの選択である!!
オペレーションスクルドの概要は、メタルウーパによって守られた紅莉栖の論文をこの世から消滅させること、そして7月28日に殺されていた紅莉栖を死んだように見せかけて過去の自分を騙す事である。
ラボから持ち出したサイリウムセーバーの血糊を利用する手はずであったが、長らく使用していなかったそれは凝固し使い物にならなかった。
未来に行き来するだけの燃料はなく、これが未来を変える最後のチャンスであったために焦る倫太郎であったが、中鉢のナイフを自らの身体で受け止めた後に、紅莉栖を気絶させあの日の光景と同じものを作り出した。
重症の身体のままタイムマシンに乗り込み、未来へと帰還し、そして世界線は紅莉栖の存在するシュタインズゲートに到達したのだった。

anime-steinsgate114.jpg

-今週のあらすじ-
阿万音鈴羽に呼び出され、ラジ館の屋上で聞かされたことは第三次世界大戦によって滅ぶ未来を救って欲しいというものであった。
紅莉栖を犠牲にしてようやくたどり着いたこの世界線であり、すでに精神的に疲れ果てていた倫太郎はその願いを拒否した。
しかし、鈴羽の口から出た言葉に倫太郎は目の色を変えた。
『第三次世界大戦を防ぐことが、なくなった牧瀬紅莉栖を助けることだと言ったら』そう告げた鈴羽は、倫太郎とともに7月28日にタイムトラベルを敢行した。
そこで見たものは、紅莉栖の父が中鉢博士であったという事実であり、博士に殺されそうになった紅莉栖を助けようとして自らが紅莉栖を殺してしまっていたという真実であった。
憔悴しきったまま今現在に戻ってきた倫太郎はアトラクタフィールドの収束により紅莉栖を助けることはできないと悟り、諦めかけていた。
そんな倫太郎に、鈴羽は携帯に受信されているムービーメールを見るように促した。
それは15年後の岡部倫太郎から過去へ送られたDメールであった。

anime-steinsgate109.jpg

-今週のあらすじ-
ラジ館の屋上で虚空を見つめる紅莉栖の元を訪れた倫太郎、そして紅莉栖は自分がここで刺された記憶がぼんやり残っているという事実を語りだした。
さらには、倫太郎がまゆりを助けるために奔走する姿を夢の中での出来事のように記憶していた。
だからこそ、自分のことに構わずまゆりを救うべきだと言う紅莉栖は、それが倫太郎のためでもあり紅莉栖自身のためでもあると諭した。
そんな紅莉栖の姿に倫太郎は、自分自身が抱き始めていた紅莉栖への思いを語り始めた。
まゆりを助けるため、困難に立ち向かうために頼っていたのは紅莉栖であり、彼女の理論に驚き、行動をいつの間にか目で追っていたこと、そしてそれが恋心であることを告げた。
そしてその問いに答えるように紅莉栖は倫太郎に口付けを交わすのであった。
忘れられない記憶とともに、SERNのデータベースから最初のDメールを削除し、勝利宣言を行った倫太郎たちは1%の壁を越えもとの世界線へ移行していた。
全てが終わり、平和な日常が始まると思ったのだが・・・

anime-steinsgate103.jpg

-今週のあらすじ-
β世界線では7月28日に何者かに刺された牧瀬紅莉栖が死んでいた。
その事実を思い出した倫太郎は突如SERNへのクラッキングをやめるように指示した。
今のα世界線でまゆりの死なない手立てを模索しようとする倫太郎であったが、コミマの帰りに倫太郎を庇うように車に轢かれてまゆりは命を落としてしまった。
再びタイムリープをしてきたのだが、なす術もなく屋上で寝そべっている所に紅莉栖が現れ、今までも協力してここまで辿り着いてこれたんだからと諭していた。
そんな紅莉栖に倫太郎は、β世界線で起きたことの真実を伝えるのであった。

anime-steinsgate99.jpg

-今週のあらすじ-
萌郁からIBN5100の所在を聞いた倫太郎は、奪い取ることを考えたのだが、この世界線においてはIBN5100を手にする事が出来ないのは過去の過去改変の例からして必然であることを紅莉栖に諭された。
そこで、IBN5100の行方を追えば萌郁の指示者であるFBにたどり着き、FBの携帯から萌郁に指示すれば過去が変えられると考え張り込みを始めていた。
張り込みを始めた倫太郎であったが、FBに会うことを決意した萌郁とともに張り込みを続けていたのだが、いざ運び出されたIBN5100の行方を尾行した先で見たのは意外な人物であった。それは下のブラウン菅工房の店主である天王寺裕吾であった。
倫太郎らは裕吾の元を訪れ真相を問いただすと、すべてを認め自分がラウンダーになった経緯を話し始めた。
そして任務を終えたラウンダーは処分される物だとし、萌郁に向け銃弾を放ち、自らにも銃口を向けて自殺を図った。
裕吾の携帯からDメールを送信した倫太郎はリーディング・シュタイナーが発動し、ラボにはIBN5100が戻っていた。
早速SERNにハッキングを仕掛けるようにダルに指示したのだが、最初のDメールを消し去ることが意味するβ世界線での出来事を思い出していた・・・。

anime-steinsgate94.jpg

-今週のあらすじ-
残された過去改変のDメールは、萌郁の送ったものだけになった。
Dメールを取り消すごとにまゆりの死が1日づつ遅れていくのだが、現在の世界線でのデッドラインを確かめるべく、コミマに行くまゆりに紅莉栖を付き添わせていた。
一方の倫太郎は、萌郁の所在を確かめるべく編集プロダクションから住所を聞いて訪ねたのだか、15日の時点で萌郁は自殺を図っていた。
ラボに戻った倫太郎は紅莉栖からまゆりの死を知らされると11日までタイムリープで遡った。
再度訪れた萌郁のアパートで見たのは、FBからの連絡が無く憔悴し切った萌郁の姿であった。
押し問答の末に萌郁から携帯を奪い取った倫太郎は携帯の機種変更を取り消させるメールを送ったのだがリーディング・シュタイナーは発動しなかった。
そして、今手にしている萌郁の携帯が機種変更以前の携帯であることに気がついた倫太郎は、本当に送ったDメールの内容は違うものだと気がついた。
問い詰める倫太郎に口を割らない萌郁であったが、これから自殺をする萌郁の経緯や、FBに見捨てられてる事実を伝えると抵抗をやめた。
そして、メールの履歴から柳林神社に奉納されていたIBN5100を回収したのが萌郁であるという事実にたどり着いたのだった。

anime-steinsgate89.jpg

-今週のあらすじ-
β世界線への移行の為に倫太郎が次に取りかかったのは、るかが生前の母親のポケベルへ送ったDメールを取り消すことであった。
るかがDメールを送る以前の世界では『お前は男だった』という事実を告げたのだが、返って女心を傷つけてしまい、その事をまゆりや紅莉栖に叱責されていた。
そんな折、るかからメールが届き、会いに行った神社で男に戻る代わりに『明日一日だけ恋人になってください』と告白されるのであった。
女とのデートの経験など無い倫太郎であったが、紅莉栖の手解きによりマニュアルの様なデートをしたのだが、終始ぎこちなさの残るものであった。
ラボに戻った倫太郎は、本来のるかとの関係はこういうものではないと悟り、いつものように修行を行った。
そしてるかは、女であった自分の事を忘れないでくださいと母のポケベルの番号のメモを倫太郎に手渡すのであった。

anime-steinsgate84.jpg

-今週のあらすじ-
今ある世界線では、13日から14日にラウンダーによる襲撃が遅れただけで、鈴羽の語っていたアトラクタフィールドの収束によってまゆりの死は避けられないでいた。
まゆりを救うためには、今のα世界線からβ世界線へ移行する以外に手立てはない。
その為にはラボから消えてしまったIBN5100を取り戻し、SERNのデータベースから倫太郎の送ったメールのデータを削除するしかなかった。
そこで、Dメールによって改変された過去を元に戻すべく動き出した倫太郎はまずフェイリスが送ったメールの内容を聞き出そうとするのだが、改変前後の記憶が連続しているのは特殊能力を持つ倫太郎のみであり、いったいフェイリスがどんなメールを送ったのかが掴めずにいた・・・。

anime-steinsgate81.jpg

-今週のあらすじ-
故障したタイムマシンを修理する中で鈴羽は、このタイムマシンは過去へしか行くことができないという事実をダルに語っていた。
その事実をダルから聞いた倫太郎は、この時代に思い出を残してしまった鈴羽の事を気にかけていた。
そして、まゆりはタイムマシンの名称『FG204 2nd EDITION Ver.2.31』と未来で倫太郎とともにレジスタンスのメンバーとして活動していた事、さらにはバレル・タイターのバレルとは樽であり、樽=ダルという考察から鈴羽の父が橋田至である事を導きだした。
父との感動の再会を喜ぶ鈴羽であったが、未来を変える為に過去へやってきたという思いは強く、倫太郎やダルに別れを告げ、1975年へと飛び立った。
秋葉原の街から人工衛星と思われていたタイムマシンが消え去り騒然とする人々であったが、ダイバージェンスの数値に変動は無かった。
過去の世界に行き、IBN5100を手にして未来の君たちに託すと言っていたのだが、その日未来がジェット研究所の扉を叩いたのは意外な人物であった。

anime-steinsgate75.jpg

-今週のあらすじ-
2036年の未来では世界はSERNによって管理されているディストピアであった。
おおよそ@ちゃんねるでジョン・タイターとして鈴羽が書き込んでいたことは事実であった。
そしてレジスタンスとSERNと戦う鈴羽は、父親の残したタイムマシンに乗って過去へタイムトラベルをして、未来を変えることを使命としていたのであった。
SERNは電波傍受システムによってすでに倫太郎達がタイムマシン研究をしていることを認識しており、その事実を消すためには特殊プログラムコードによって構築されたSERNのデータベースを読み取る事が出来るIBN5100が必要であった。
その為に鈴羽は、1975年にタイムトラベルをしてIBN5100を入手し未来の倫太郎に託す算段で居た。
しかし、数日前の雷雨によってタイムマシンは故障してしまっていた。
直す手段を知らない鈴羽であったが、タイムリープ出来る最大の48時間の内にダルに修理させるようにするのだが・・・。

anime-steinsgate70.jpg

-今週のあらすじ-
まゆりの死を回避すべく手を尽くす倫太郎であったが、何度タイムリープを繰り返してもまゆりの死という結果は変わらなかった。さまざまな手段で秋葉原を脱出しようにも萌郁たちに襲われるか交通事故に巻き込まれる。
全てに手詰まりを感じていた倫太郎は、ラボを襲う元凶である萌郁をタイムマシンの新たな情報を餌に呼び出し、彼らの正体がラウンダーという組織であり、IBN5100の回収に当たっていることを吐き出させた。
しかし、彼らの仲間に捕まってしまい、まゆりも殺されてしまった。
絶望感に苛まれる倫太郎の変化を察した紅莉栖に全ての出来事を話し、タイムリープマシンが完成した5時間前まで時を遡っていた。
そして2人の前に突然現れた鈴羽。
彼女は、全てを察したかのように語りだし、まゆりを救うためにはダイバージェンス1%を超えてβ世界線へ移行しない限りは無理だと語り2人をラジ館まで連れ出し衝撃の真実を語った。
『私は2036年からタイムトラベルをしてきたジョン・タイターだよ』と・・・

anime-steinsgate66.jpg

-今週のあらすじ-
突然ラボを襲撃してきた萌郁によってまゆりは撃たれた。
怒り狂う倫太郎に『岡部も殺されちゃう』と制する紅莉栖であったが、その瞬間姿を消したはずの鈴羽が一瞬にしてテロリストを打ちのめし『42・ブラウン管・点灯済み』と呟いた。
その言葉を聞いた紅莉栖はすぐさまタイムリープマシンを起動させ、倫太郎は自らが行くと言って過去へのタイムリープが敢行された。
そして気がつくと襲撃の数時間前のラボに時が戻っていたのであった。
倫太郎はラボにいた紅莉栖や至に開発評議会の中止をつげすぐさまここから離れるように促し、自身はまゆりの足取りを探して秋葉原の街を走り回っていた。
ようやくまゆりを見つけたのだが、逃げようとするも電車は止まっている為地下鉄で逃げようとするのだが途中で轢かれることになった。
再びタイムリープによって時間を戻して地下鉄で逃げようとするのだが、偶然出会った綯に押されたまゆりは・・・。
果たしてまゆりをつれて秋葉原の街から出ることは出来るのか??

anime-steinsgate61.jpg

-今週のあらすじ-
白昼夢似た感覚の中で倫太郎は7000万年の地球に時間跳躍をしていた。そしてまゆりの呼びかけで目を覚ますと紅莉栖によってタイムリープマシンの完成がなされていた。
実験では実際に人体をもって記憶を過去に送るしかないという紅莉栖の言葉に倫太郎はタイムリープ実験の中止を告げ、事実を世間に公表して研究機関に託すことにした。
その決断にほかのラボメンたちも賛同していた。
タイムリープマシンの完成を祝してささやかなパーティーが開かれていたラボであったが、テレビから流れる爆破テロ予告で秋葉原周辺の電車が運転を見合わせているというニュースに悪い予感を感じる倫太郎。
そして、なにかを察知した鈴羽はラボを飛び出し、それと入れ替わるように銃を携えた男たちがラボに入り込み、さらには桐生萌郁がタイムリープマシンと研究者たちの身柄の拘束を求め、不要だと言うまゆりに向けて銃口が向けられた・・・。

anime-steinsgate54.jpg

-今週のあらすじ-
今までDメールの送信可能時間が限られていたのは、階下のブラウン管工房の大型テレビがリフターの役割をしていた為にブラウン管をつけている時のみ成功していたのであった。
倫太郎らは次なる段階として、紅莉栖が提唱した記憶だけをデータ化して過去に送るタイムリープの実験に移行しようとしていた。
しかし、タイムリープの実験に乗り気ではない紅莉栖は父親との関係に悩んでいることを倫太郎に打ち明けた。
父親との関係のことも含めて俺が修復してやると意気込む倫太郎に紅莉栖もタイムリープの実験に着手することを決意した。
そんな倫太郎のもとに『お前は知りすぎた』と警告する謎のメールが届いた・・・。

anime-steinsgate49.jpg

-今週のあらすじ-
フェイリスが過去に送ったDメールによって秋葉原から萌え文化が消え失せ、まったく別の街に生まれ変わっていた。
街並みは生まれ変わっても未来ガジェット研究所に集まるラボメンの関係に変化はなかった、ただひとつの事実を除いて。それは漆原るかが本当に女になっていたという事実であった。
そして下のブラウン管工房で働くバイト戦士の阿万音鈴羽は、この街に存在してるとされる父親に会う為に自分がここにいる事実を倫太郎に話した。

anime-steinsgate42.jpg

-今週のあらすじ-
女の子に生まれ変わりたい要望を叶えるべく過去にDメールを送ったるかであったが本人に何も変化はなかった。
しかし、リーディング・シュタイナーの能力を有す倫太郎は確実に世界線の移行を手に感じ取っていた。
いつものようにラボでの円卓会議していたのだが、話がかみ合わない倫太郎とダルや紅莉栖。
なんと手に入れたはずのIBN5100が存在していない世界線に移行していたのだ。
倫太郎は何とかibn5100の手がかりを探るべく、以前の世界線で父親が柳林神社に奉納したと言っていたフェイリスの元を訪れていた。
フェイリスはIBN5100の情報と交換でDメールを送らせて欲しいと願うのだが・・・。

anime-steinsgate38.jpg

-今週のあらすじ-
世界線が変動する前の記憶を持ち合わせる能力『リーディング・シュタイナー』を有するという倫太郎の理論を確証すべく過去を変えるためのメール実験が繰り返されていた。
そんな中、萌郁の要望で4日前の自分に携帯の機種変更をしないように忠告するメールを送った瞬間に世界線が改変された。
その結果、萌郁はラボに訪れる事がない世界線へと移行していた。
倫太郎達の話を立ち聞きしていたるかは、女の子に生まれ変わりたいという望みを叶えたい事を倫太郎たちに告げた。
しかし、るかが生まれる前の時代に携帯電話の存在はなく、打つ手なしと思われたが、母親のポケベルにメッセージを送るという方法を思いついた倫太郎はすぐさま行動に出た。
女の子が生まれるように野菜を食べるようにと過去へメッセージを送った結果世界線が移行した。
だが、目の前にいるるかの姿には何の変化もなくいったい何が変わったのか??

anime-steinsgate32.jpg

-今週のあらすじ-
電話レンジ(仮)を改良して好きな番号へ送れるようにし、いよいよ過去を改変する実験に着手しだした倫太郎は、宝くじの当選番号を過去へ送るという実験を試みていた。
その実験によって世界線が移行し、実験を行った記憶がない世界が再構築されるはずであったが、倫太郎はその記憶を有したままであった。
多くの謎に不安を覚えた倫太郎は鈴音の勧めもあってジョン・タイターに事の顛末をメールで伝えた。
そしてその答えに倫太郎は驚きを隠せずにいた。

anime-steinsgate27.jpg

-今週のあらすじ-
SERNのハッキングに成功した倫太郎らは今後の方針を話し合うべく脳内円卓会議を開催していた。
そこで過去へ送れるメールを『Dメール』と呼称することになった。
様々な実験の中で、どんな条件下でいつの時間帯にメールを送れるのかが解明された事に歓喜する倫太郎であったが、人体実験をしていたSERNの秘密を知ってしまったこと、そして無関係なまゆりまで巻き込んでしまっていることに不安を感じていた。
そんな折、シャイニング・フィンガーこと桐生萌郁がラボに訪れてきた。
レトロPCのIBN5100の見学に来た萌郁であったが、そこで交わされたダルや紅莉栖との会話の中から倫太郎らの実験内容が知られてしまった。
そこで倫太郎がとった行動とは!?

anime-steinsgate19.jpg

-今週のあらすじ-
謎のコードを解析するために手に入れたIBN5100をラボまで持ち帰った倫太郎と紅莉栖であったが、ブラウン工房の前で出会った鈴羽は初対面の紅莉栖に対して激しい敵意を見せた。
そして倫太郎に『牧瀬紅莉栖には気をつけろ』という言葉を伝えたが、その真意まで語ろうとはしなかった。
IBN5100の修理に必要な部品を揃えて戻った倫太郎はダルと紅莉栖とともにSERNのハッキングを再開した。
そこには驚愕のレポート結果が記されていた。
SERNは40年以上前からタイムトラベルの研究をしていて、人体実験をしていた。そして、ゼリーマンズレポートには、過去に飛び立った人間たちがゼリー状になって発見されていたという新聞記事が添えられていた。
衝撃の事実にショックを受ける一同であったが、倫太郎はSERNより先に完璧なタイムマシンを作ると意気込むのであった。

anime-steinsgate14.jpg

-今週のあらすじ-
SERNのハッキングに成功し、そこで見た職員のメールに驚愕した倫太郎とダル。
そこには、タイムトラベルの実験で人が亡くなったという文面であった。
詳細が書かれたレポートを見ようとしたのだが難解なコードに阻まれ、それ以上のハッキングを断念せざるを得なかった。
ジョン・タイターが語っていたBASIC以前のプログラムを解析することができると言うIBN5100、それこそがこのコードを解析できる唯一の手がかりだと確信した倫太郎は、現在の所在を掴もうとするのだが、意外なところから情報が舞い込んできた。
メイド喫茶で働くフェイリスの父が以前持っていたと言うものであった。
急ぎフェイリスの元に駆けつけた倫太郎だが、情報を教え手もらう為にフェイリスと勝負をすることになった。
果たして倫太郎は無事にパソコンを手にする事が出来るのか?

anime-steinsgate11.jpg

-今週のあらすじ-
ラボにて行った電話レンジ(仮)の実験にて、ゲル状になったバナナはレンジ内から瞬間移動し、元の房に戻るという現象が起きた。
その様子を偶然目撃した牧瀬紅莉栖は、未来ガジェット研究所のラボメンバーになることを承諾し、再度実験を行った。その中で送信したメールは過去に送られ、電話レンジ(仮)がタイムマシンとしての役割を持つ媒体であることを確認した。
しかし、タイムマシンの存在を認めることができない紅莉栖はその場を後にしてしまった。
電話レンジ(仮)をタイムマシンとして確立するため、現代のジョン・タイターが語っていたSERNという組織とミニブラックホールの生成というキーワードに着目した倫太郎は、ダルにSERNをハッキングさせるように頼んだ。
何とかSERNのハッキングに成功した先に入手した情報は衝撃的なものであった。
公式には否定していたミニブラックホールの生成に成功していた事実と、『HUMAN IS DEAD MISMATCH』という文章であった。

anime-steinsgate4.jpg

-今週のあらすじ-
倫太郎は目の前の光景に唖然としていた。
自分の中ではラジ館で殺されていたはずの牧瀬紅莉栖が目の前に存在していたのだから。
しかし、中止になった中鉢博士の講演と生存していた紅莉栖の存在、そして自分が見てきたことは存在していない世界であったとこに戸惑いを覚える倫太郎。
そして紅莉栖の講演が始まったのだが、タイムマシンの存在を否定する紅莉栖に対して反論をする倫太郎であったが、ことごとく彼女の理論に打ち負かされるのであった。
ラボに戻った倫太郎であったが、ネット掲示板に突如ジョン・タイターを名乗る男が現れていた。
2000年を前後にして現れた自称未来人のジョン・タイターであったが、世界を巻き込んだ騒動になったにもかかわらず、その存在を知るものがいなかった。そして、ジョン・タイターに関する文献までがラボから消えていた。
不可解な事象の連続に戸惑う倫太郎であったが、再び行った電話レンジ(仮)でのゲルバナ実験で異常事態が起こるのであった。

anime-steinsgate1.jpg

-今週のあらすじ-
極度の厨二病を患った鳳凰院凶真こと岡部倫太郎は未来ガジェット研究所(通称ラボ)の創設者であり、同じくラボのメンバーであり幼馴染の椎名まゆりとともにラジ館で行われる中鉢博士の講演に足を運んでいた。
講演の内容に異議を唱えた倫太郎であったが、牧瀬紅莉栖によって外に連れ出された。
彼女と別れた後、悲鳴を聞いた先の部屋で見たのは牧瀬紅莉栖が血の海に倒れている姿であった。
慌てた倫太郎は、事の次第をラボのメンバーである橋田至にメールを送信した。
その瞬間に人々が消え、静寂した秋葉原の街に1人倫太郎は取り残されることになった。
混乱する倫太郎であったが、しばらくして喧騒とともに街中に引き戻されていた。
ラボに戻った倫太郎は橋田至ことダルに事の顛末を伝えるのだが・・・。

プロフィール


Author⇒蒼井さくや
年齢⇒荒ぶってる中年(泣)
性別⇒♂
血液型⇒典型的なO型
《蒼井さくやの商品タグ》
R-18 荒ぶる中年 人生空回り
変態という名の変態 リア充
衝撃のラスト 大体こいつのせい
またお前か 愛すべき馬鹿
病院がこい この発想はいらなかった

こんなタグが付けられる人間だそうです(しずかちゃん談w)

【ばにら☆そると(仮)の概要】
ゲームのプレイ日記からアニメや漫画の感想をあくまで個人的な目線で書き綴っております。
競馬予想、時事問題、日記から全てがごちゃ混ぜなのでお好きな商品をお召し上がりください。

メールフォーム

カレンダー

<   2013年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

カテゴリ

ランキング

Powered by Movable Type 4.22-ja

アクセスカウンター

トータル訪問者数
現在の見てくださってるのは
いつも見てくださってる皆さんには本当に感謝してます(はーと)

twitter

時計


右クリックメニューから表示キャラ
クターを変更できます。
むぎちゃん一択だろ常考(笑)

web拍手

リンクサイト

サイト名にマウスを持っていけば簡単な詳細が表示されます。
☆フレンドリンク☆
Romantic*Lady
いつも心に太陽を☆
華南鞠亜ちゃんのオタクブログ
空色きゃんでぃ
還山捫虱堂
☆お気に入りサイト☆
ハルカレンダー
☆公式サイト☆
戸松遥公式サイト
☆アンテナサイト☆

リンクは基本的にフリーです。
コメントかメールを送ってくだされば相互リンクさせて頂きますのでお願いいたします。
(バナー鋭意製作中ですww)

アイテム

  • anime-nyaruko142.jpg
  • anime-nyaruko141.jpg
  • anime-nyaruko140.jpg
  • anime-nyaruko139.jpg
  • anime-nyaruko138.jpg
  • anime-nyaruko137.jpg
  • anime-nyaruko136.jpg
  • anime-nyaruko135.jpg
  • anime-orenoimouto175.jpg
  • anime-orenoimouto174.jpg