GOSICK -ゴシック-の最近のブログ記事

anime-gosick76.jpg

-今週のあらすじ-
母の温もりを知らないブライアン・ロスコーにとって、コルデリアがヴィクトリカを思う姿こそが求め続けていた母親の姿であった。そんなコルデリアを自分だけの存在で居てもらうためにヴィクトリカの存在が邪魔であった。
ヴィクトリカと争っている際に崖に落ちたブライアン、彼を助けて一緒に追っ手から逃れる時にそんな事を語りだした。
一方、戦争の最前線にいた一弥は常にヴィクトリカの事を思い続けていた。
世界を巻き込んだ戦争もやがて終焉を向かえ、春の訪れを伝えようとしていた。
そして、戦地から帰ってきた一弥を待ち焦がれていたのは・・・。

anime-gosick73.jpg

-今週のあらすじ-
地下に囚われの身となったヴィクトリカは、オカルト省の思惑によってモンストル・シャルマンとして国民を扇動するための傀儡として利用されようとしていた。
一方の一弥は本国に帰還させられ兵役に就いていた。
遠く離れようとも2人の心は繋がったままお互いのことを思い続けていた。
ヨーロッパでは2度目の大戦の嵐が吹き荒れ、ドイツのポーランド侵攻が始まりソヴュールにも決断が迫られようとしていた。
国民の為に平和を望むと言う科学アカデミーのジュピター・ロジェであったが、その正体はセイルーン王国の灰色狼の末裔であり、ソヴュールを憎む人間であった。
その事実をブロワ侯爵から突きつけられたロジェは逃亡し、科学アカデミーは失脚することになりソヴュールはオカルト省の支配の元世界大戦へと身を投じることとなった。
そして、国民の前で傀儡となったヴィクトリカが見世物として現れたのだが・・・。

anime-gosick71.jpg

-今週のあらすじ-
聖マルグリット学園では仮装した生徒たちによるクリスマスパーティーが行われていた。
仮装衣装を持ち合わせていなかった一弥とヴィクトリカには、セシル先生が屋根裏部屋から取り出した『モンストル・シャルマン』という御伽噺に出てくる少女のドレスとウサギの着ぐるみを着て参加することになった。
それはこの国に伝わる力を持った少女とそれを守るウサギの話をモチーフにしたものであった。
そして、世界を巻き込む大きな戦争という風が吹き始めようとしているなかで、一弥を始めとした移民や留学者は本国に送還される処置が取られ、一弥は国王の手のものによって捕らえられるのだが・・・。

anime-gosick70.jpg

-今週のあらすじ-
ニコル・ルルーが眠るとされる墓を暴き、混沌の欠片を見つけたヴィクトリカはソヴレムに戻っていた。
そして劇場にて『ソヴレムの青い薔薇』を見ながら王妃殺害の真実を語り始めた。
王妃であったココ=ローズはリヴァイアサンとの子を身篭り、その真実を知ってしまった国王によって衝動的に殺されてしまった。
その事実を隠すために暗躍したジュピター・ロジェによって、王妃の身代わりであったニコル・ルルーまでもが亡き者にされていた。
全ての謎が分かりながらも犯人が誰なのかを語らないヴィクトリカであったが、ブロワ侯爵はヴィクトリカを学園に戻すように支持した。
そして、王妃殺害にはそれ以外にも真実が隠されていた。

anime-gosick67.jpg

-今週のあらすじ-
劇場ファントムにて上演される『ソヴレムの青い薔薇』は、悲劇の王妃ココ・ローズを描いたものであった。
謎の死を遂げた王妃、その死の真相と犯人を推理するためブロワ侯爵によって呼び出されたヴィクトリカであったが、混沌(カオス)の欠片が揃っていない状態では推理のしようもなかった。
ヴィクトリカの危機を知った一弥は、セシル先生とともにココ・ローズとそっくりであった踊り子ニコル・ルルーの存在と、失踪の事実を突き止めた。
そして一弥はヴィクトリカのもとに向かうのであった。

anime-gosick66.jpg

-今週のあらすじ-
ソヴュールに冬が訪れ、クリスマスが間近に迫り街が賑わい始めていた。
奇しくもクリスマスが誕生日のヴィクトリカにプレゼントを買おうとソヴレムまで足を運んでいた。
街の劇場では『ソヴレムの青い薔薇』が上演されようとしていたが、その劇場はかつてヴィクトリカの母コルデリアが踊り子として上がっていた場所でもあった。
一方のヴィクトリカは、オカルト省の指示によりブロワ警部と共に難事件と言われる『ココローズ事件』に挑むために劇場を目指していた。
離れ離れになった一弥とヴィクトリカは会うことができるのか??
そして、過去の記憶と共に明らかになったヴィクトリカの出生の秘密とは・・・。

anime-gosick62.jpg

-今週のあらすじ-
ベルゼブブの頭蓋から辛くも逃げ延びた一弥とヴィクトリカはオールドマスカレード号の中で孤児・かかし・木こり・騎士と名乗る者たちと偶然に居合わせることになった。
4人は互いの素性を明かさなかったが、それぞれがオカルト省と科学アカデミーの人間たちであった。手の内を探りあいながら求めるものはブライアン・ロスコーが修道院に隠したと言われる形見箱であった。
その形見箱を手にしていたのは孤児と名乗る女であった。
何とかその形見箱を奪おうと策を弄するオカルト省の手先である木こりであったが、その形見箱はヴィクトリカに託された。
しかし、形見箱が奪えないなら列車ごと脱線させるという計画にって絶体絶命の危機を迎えたたヴィクトリカと一弥であった・・・。

anime-gosick59.jpg

-今週のあらすじ-
ベルゼブブの頭蓋にてヴィクトリカを探し出した一弥は、彼女の口から自分を連れ出したのはブロワ侯爵が母親のコルデリアを誘き出すであったと語られた。
折りしもファンタスマゴリアの最中で、祭りの中ではさまざまな奇術が繰り広げられていた。が、ヴィクトリカと時計商のサイモンは全てのトリックを見破っていた。
奇術などではなくトリックだと言い張るサイモンは自らが証明すると実験台になったのだが、演技の最中に老婆共々殺されてしまった。
そんな中見かけたブライアン・ロスコーの影を追っていた一弥は、ヴィクトリカの父であるブロワ侯爵と対峙していた。
もう十分娘の知識は蓄えられたからこれ以上関わらないようにと警告された一弥であったが。その言葉を遮りヴィクトリカの元に向かった。
そして、その途中でコルデリアと会った一弥は指輪と伝言を伝えられた。

anime-gosick55.jpg

-今週のあらすじ-
図書館の最上階、いつもの場所を探せどもヴィクトリカの姿は見当たらなかった。
ブロワ侯爵によってベルゼブブの頭蓋と呼ばれる人里は慣れた修道院へ連れて行かれたことをセシル先生から聞かされた一弥はヴィクトリカの身を案じ、荷物をまとめて迎えに行く決意をしていた。
そこに現れたブロワ警部は、修道院で行われる夜会『ファンタスマゴリア』への招待状を一弥に手渡した。
到着した修道院で見たヴィクトリカを追って塔の最上階に閉じ込められていたヴィクトリカを探し出した一弥であったが、先程見たのはヴィクトリカではなく母親のコルデリアであった。
ブライアン・ロスコーとともにこの修道院を訪れていたコルデリアであったが、果たして彼らの目的とは何なのか。

anime-gosick51.jpg

-今週のあらすじ-
アフリカ大陸がゴールドラッシュに沸いたとき、ソヴュール王国にも多くの金が密かに持ち込まれた。
その金の隠し場所こそが時計塔であり、その事実を知るのは時の国王と金の運ぶ役割を担ったアフリカ人のみであった。
事実の漏洩を恐れ口封じのために殺されたアフリカ人たち、その生き残りこそがリヴァイアサンの正体であった。
祖国を救うという思いもむなしく失脚したリヴァイアサン、そして知恵の泉によりヴィクトリカは彼の隠れた部屋を見つけ出した。

anime-gosick47.jpg

-今週のあらすじ-
時計塔で起きた殺人事件を調査するために図書館を出たヴィクトリカであったが、これを好機だと思ったセシル先生に無理やり教室へ連れてこられた。
これが灰色狼なのかと好奇の目に晒されたヴィクトリカは後ろの席にいたアブリルと喧嘩をしてしまう。
必死に2人の間を取り持とうとする一弥であったが、自分の気持ちを素直に表現することができないヴィクトリカであった。
時計塔で起きた殺人事件に因果した過去のソヴュールの歴史に秘められた闇、そこに手を出すことは危険だと警告するブロワ警部。
そして時計台に現れた赤髪の男の目的とは??

anime-gosick43.jpg

-今週のあらすじ-
避暑地から早めに帰ってきたアブリルは一弥とヴィクトリカの事が気がかりで仕方がない様子。
何とか自分に興味を持ってもらおうと映画に誘ったのだが、当の一弥は映画中も夢の世界に旅立つ始末、あの手この手で気を引こうにも一弥はヴィクトリカの元に向かうことで頭がいっぱいであった。
その頃ヴィクトリカは図書館の中で頭上から落ちてきた一冊の本と数奇な巡り合いを果たしていた。錬金術師リヴァイアサンを名乗るものからの手記であったが、そこに現れた一弥からもアブリルと観た映画の中の時計台がこの学園に存在し、そこにはリヴァイアサンの工房が存在していたと言う知らせであった。
そんな折、村を訪れていたよそ者が『錬金術師リヴァイアサン』という言葉を残して死んでいった。
ここに錬金術師の残した謎とヴィクトリカの知恵比べが始まろうとしていた。

anime-gosick39.jpg

-今週のあらすじ-
夏休みに入り、学園の生徒は避暑のためにそのほとんどが出掛けていた。
短期間では日本に帰ることもできずにいた一弥であったが、地中海での避暑をアブリルから誘われたのであった。
暇をもてあましていた一弥は喜び、ヴィクトリカを誘おうとしたのだが、不機嫌な様子のヴィクトリカに愛想をつかした。
出発直前になって、やはりヴィクトリカのことが気になった一弥は結局学園に残ることになった。
しかし素直になれないヴィクトリカと一弥の苦悩は続くのであった。

anime-gosick35.jpg

-今週のあらすじ-
学園に訪れた客人の案内を頼まれることになった一弥であったが客人とはジャンタンの事件の時に顔見知りになったジャクリーヌであった。
学園の図書館に本を寄贈しようと訪れたのだが、自由奔放な彼女は図書館の最上階へ向かってしまった。
若かりし頃に殺人の容疑をかけられたジャクリーヌ、その嫌疑を晴らすために奔走したブロワ警部と真犯人の謎を教えたヴィクトリカ、そこにはブロワ警部のドリルのような髪型になるきっかけと真実が潜んでいた。

anime-gosick31.jpg

-今週のあらすじ-
ジャンタン・デパートの地下に囚われの少女を見た一弥は、事件の存在を確信してヴィクトリカに助けを求めた。
ブロワ警部を頼るものの、証拠となるものがない。
そこで一弥は、ジャンタンの前でいたルイジという少年に証言を依頼した。彼はジャンタンに入っていった人達の詳細な時間と顔をすべて記憶していたのだ。
こうして行方不明者がすべてジャンタンに入った以降出てきてないことを確信した警察は、捜査に乗りだした。
そしてヴィクトリカの助言から秘密の部屋を割り出した警察は、ジャンタンにて行われていた秘宝や人身売買の実態を暴くことになった。

anime-gosick27.jpg

-今週のあらすじ-
故郷の姉からおつかいを頼まれた一弥は、首都ソヴレムのデパートであるジャンタンに向かった。
頼まれた物は衣類の他に、世界大戦時に盗まれた王室の秘宝である『ブルーダイヤモンド』を模したレプリカであった。
美術品の盗難事件を追っていたブロワ警部と偶然旅先で出会った一弥であったが、着いた先のジャンタンで不思議な事件に巻き込まれていた。
都市伝説にもなっている行方不明者の出るジャンタンで、箱の中から捕らわれてると思われる少女を見つけた一弥は事の詳細をブロワ警部に話し、再びジャンタンに訪れたのだが、自分がそこに居た事実を従業員達に否定された。
ブロワ警部にも見放され、風邪で寝込んでいるヴィクトリカに謎を解いてもらおうと連絡を入れたのだが・・・。

anime-gosick24.jpg

-今週のあらすじ-
村長によって撃たれたと思われていたラウールであったが、窃盗を目論む美大生3人の仲間割れによる殺人事件であった。
いくつかの証拠からデリクの犯行を見破ったヴィクトリカ、そしてヴィクトリカの監視役と引き換えにブロワ警部から罪を見逃されていたミルドレッドの存在さえも見透かしていた。
証拠が揃い、コルデリアの無罪を証明するために芝居を打ったヴィクトリカ達は、本当の犯人であったメイドのハーマイニアの口から犯行を証言させた。
追い詰められたハーマイニアは、自ら村に火を放ち、外界への唯一の道である跳ね橋に火をかけヴィクトリカたちを村に留めようとしていた。

anime-gosick19.jpg

-今週のあらすじ-
コルデリアの無念を晴らすべく村にやってきたヴィクトリカであったが、各所にちりばめられた母のメッセージから無実の罪で村を追われていたことを確信した。
そして始まった村の夏至祭であったが、祭りの行事の中で、張りぼての人形と入れ替えられたアランが焼き殺された。
死者が出たにもかかわらず、夏至祭は続けなくてはならないという村長の言葉にデルクとラウールは不信感を抱き始めていた。
館で働くメイド、ハーマイニアとの会話で、やはりコルデリアには犯行は不可能だと悟り、ついに混沌(カオス)の欠片が再構築された。
しかし、今となっては証拠がないと嘆くヴィクトリカであったが、そんな折狼と間違えられた2人目の犠牲者が出た。

anime-gosick15.jpg

-今週のあらすじ-
すっかり学園生活にも慣れたアブリルとともに訪れたとりの市でドレスデン皿の盗難事件に遭遇した一弥。
いつものようにヴィクトリカを頼りに来たブロワ警部によって事件解決と思われた盗難事件でしたが、皿の行方は知れず、迷宮入りとなった。
灰色狼が住んだとされるホロヴィッツ村で行われる夏至祭、その祭りに灰色狼の末裔をしょうたいするという広告記事を目にした一弥はその話をヴィクトリカにした。
荷物をまとめ学園を出るヴィクトリカと共にホロヴィッツの村を目指す一弥、そしてついた先の宿で、灰色狼ことコルデリア・ギャロは自分の母親だと告げたヴィクトリア。
母の無実を晴らすための戦いが始まろうとしていた。

anime-gosick12.jpg

-今週のあらすじ-
アブリルが手にしていた一冊の本、それを学園に伝わる都市伝説である『天国の階段の13段目』になぞらえた場所から探し当てた。
本の中には、サー・ブラッドリーから孫娘のアブリルへの絵葉書が挟まっていた。
そんな折、村に大泥棒クィアランの二代目が来たという噂が立ち、ブロワ警部は頭を痛めていた。
ブロワ警部と別れた後、廃倉庫から聞こえた物音を確かめようとした久城であったが、何者かに襲われ気を失った。
目覚めると、アブリルの姿があり、倒れていたので庭師に頼んで病室まで連れて来てもらったと話していた。
本が無くなっていた事からアブリルの犯行であろうと睨んだ久城はヴィクトリカのもとを訪れ、事の真相を知ることとなった。
アブリルの目的は?クィアランの正体とは?
全ての真相が明らかに・・・。

anime-gosick8.jpg

-今週のあらすじ-
寮母のゾフィから買い物を頼まれた一弥は、帰り道に目の前を通り過ぎたバイクのライダーの首が切断される事件に巻き込まれ、犯人としてブロワ警部に身柄を拘束された。
身の潔白を示そうとヴィクトリアに助けを求めた一弥は、恥ずかしい回想を元に混沌(カオス)の欠片を再構築したヴィクトリアによって自由の身となった。
学園にはイギリスからの新たな留学生であるアブリル・ブラッドリーが転校して来た。
学園の怪談に興味を示す彼女であったが、先の首なしライダーの事件の犯人であった金髪に少女に加えて、手の怪我に疑わしさを感じながらも、すでに解決した事件だと自分を納得させようとする一弥。
そんな折、亡くなった用務員の遺体を納めるために8年ぶりに開いた納骨堂よ騎士の格好をした死体が扉を開いた瞬間に倒れこんできた。

anime-gosick4.jpg

-今週のあらすじ-
時を遡る事10年前、サラエボ事件を契機に始まった世界戦争。その行く末を占いによって導き出したのが今回の事件のきっかけであるロクサーヌであった。
当時の政府高官は、重要な決定を占いによって決める風習があり、高い的中率によって絶大な信頼を得ていたロクサーヌ。
彼女の用いた野兎と猟犬による野兎走り、それこそが都市伝説の元となる話であった。
世界戦争に参加するそれぞれの国から集められた孤児、そしてクイーンベリーという用意された箱庭のなかで子供たちの殺し合いが始まった。
そして、その孤児の中にいたのがジュリィであった。

anime-gosick2.jpg

-今週のあらすじ-
占い師ロクサーヌ宛ての招待状を持って客船に乗り込んだ久城一弥とヴィクトリカの2人。
食事の中に睡眠薬が入り込んでいて、招待客すべてが眠らされ別の部屋に連れて行かれていた。
そこで目覚めたヴィクトリアは、食堂に居た人数から1人増えたことをすぐに察した。
数十年前に行われた実験の末に沈んだクイーンベリー号を模して作られたこの船にはさまざまな仕掛けが施され、次々と命を落としていく乗客。
残ったのはヴィクトリカと一弥、イギリス人俳優に父が鉱山を運営する娘に外務省の役人の5人になってしまった。

anime-gosick1.jpg

-今週のあらすじ-
アルプス山脈の麓にあるソヴュール王国、そこにある聖マルグリット学園が格式高い名門校であった。
極東の島国より学園に留学することになった久城一弥は黒い死神として生徒達に恐れられていた。
ある時、この国に伝わる怪談を図書館塔で調べていた際に、塔の最上階の植物園で暮らすヴィクトリカという小柄な少女と出会った。
彼女はグレヴィールと名乗るおかしな頭髪の警部が持ち込んだ事件をいとも簡単に解決する頭脳の持ち主であった。

プロフィール


Author⇒蒼井さくや
年齢⇒荒ぶってる中年(泣)
性別⇒♂
血液型⇒典型的なO型
《蒼井さくやの商品タグ》
R-18 荒ぶる中年 人生空回り
変態という名の変態 リア充
衝撃のラスト 大体こいつのせい
またお前か 愛すべき馬鹿
病院がこい この発想はいらなかった

こんなタグが付けられる人間だそうです(しずかちゃん談w)

【ばにら☆そると(仮)の概要】
ゲームのプレイ日記からアニメや漫画の感想をあくまで個人的な目線で書き綴っております。
競馬予想、時事問題、日記から全てがごちゃ混ぜなのでお好きな商品をお召し上がりください。

メールフォーム

カレンダー

<   2013年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

カテゴリ

ランキング

Powered by Movable Type 4.22-ja

アクセスカウンター

トータル訪問者数
現在の見てくださってるのは
いつも見てくださってる皆さんには本当に感謝してます(はーと)

twitter

時計


右クリックメニューから表示キャラ
クターを変更できます。
むぎちゃん一択だろ常考(笑)

web拍手

最近のコメント

最近のトラックバック

リンクサイト

サイト名にマウスを持っていけば簡単な詳細が表示されます。
☆フレンドリンク☆
Romantic*Lady
いつも心に太陽を☆
華南鞠亜ちゃんのオタクブログ
空色きゃんでぃ
還山捫虱堂
☆お気に入りサイト☆
ハルカレンダー
☆公式サイト☆
戸松遥公式サイト
☆アンテナサイト☆

リンクは基本的にフリーです。
コメントかメールを送ってくだされば相互リンクさせて頂きますのでお願いいたします。
(バナー鋭意製作中ですww)

アイテム

  • anime-nyaruko142.jpg
  • anime-nyaruko141.jpg
  • anime-nyaruko140.jpg
  • anime-nyaruko139.jpg
  • anime-nyaruko138.jpg
  • anime-nyaruko137.jpg
  • anime-nyaruko136.jpg
  • anime-nyaruko135.jpg
  • anime-orenoimouto175.jpg
  • anime-orenoimouto174.jpg