戦姫絶唱シンフォギアの最近のブログ記事

anime-symphogea71.jpg

-今週のあらすじ-
仲間を思う歌声に応える様に再び立ち上がった翼とクリス、街中にノイズを放ち抵抗するフィーネであったが響らの攻撃で次々と撃破していく。
しかし、フィーネの狙いは大量に放ったノイズを自らに取り込み、完全聖遺物であるデュランダルを手に取ることであった。
ネフシュタンの再生能力とデュランダルの力によってもはや響らには太刀打ちができなかったのだが、翼とクリスの連携によってデュランダルを取り返した。
そして、デュランダルを手にし暴走しかける響は仲間たちの呼びかけに正気を取り戻し、フィーネの野望は打ち砕かれたように思えたが、朽ち果てる間際にネフシュタンの力を使い月の破片を引き寄せるのだった。
このままでは地球への衝突は避けられないことが判明した時、響・翼・クリスの3人は月の破片を打ち砕く為に絶唱を歌うのであった・・・。

anime-symphogea66.jpg

-今週のあらすじ-
命を賭して月への一撃を阻止したクリスであったが、仲間を失った悲しみから暴走する響。
もはや感情を失い獣と化した響はフィーネに襲い掛かるが、ネフシュタンの鎧を体組織と融合させているフィーネは再生能力を有しており太刀打ちが出来ずにいた。
そんな響を止めようとする翼にまで刃を向けるのだが、自らの体で響を受け止め、影縫いによって動きを封じた。
そして、フィーネの野望を打ち砕くために命と引き換えにカ・ディンギルを崩壊させるのであった。
元に戻った響は、守るべきものをすべて失い、戦う意志さえ無くしかけていた。
そんな時に学院から聞こえてきたのは仲間たちの歌声であった。

anime-symphogea59.jpg

-今週のあらすじ-
ノイズに襲撃されていたリディアン音楽院では、未来の対応により最小限の被害で生徒達を地下のシェルターに誘導していた。
そんな未来と翼のマネージャーである慎次の前に現れたフィーネは、地下シェルターのエレベータをカモフラージュとして作られていたカ・ディンギルを起動させるべく先に進もうとするのだが、すべての目論見を察知していた弦十郎が立ちはだかった。
フィーネとの戦いで痛手を負った弦十郎であったが、何とか一命は取り留めていた。
そしてようやくリディアンに到着した響らの前に現れた了子ならぬフィーネは、自らの正体を明かした。
それは、過去から遺伝子として受け継がれてきた巫女・フィーネの血であり、12年前に翼が天羽々斬を起動させた瞬間に目覚め、了子の体を乗っ取るに至った。
そしてフィーネの目的とは、カディンギルから放たれる荷電粒子砲によって月を穿ち、バラルの呪詛から開放されることであった。
全力で戦いを挑む響・翼・クリスであったが、ガ・ディンギルから放たれた一撃を阻止するためにクリスが取った行動は自らの命をかけたのであった。

anime-symphogea52.jpg

-今週のあらすじ-
館にいたところをアメリカ政府の関係者と思わしき集団から襲撃をされた了子は、銃弾を浴びながらも特殊能力で彼らを撃退した。
そして、その後に館を訪れた弦十郎は、そこに居合わせたクリスを爆破の衝撃から守り、大人を憎み自分なりの手段で戦いを終わらせようとするクリスを諭していた。
心では分かっていても、感情を素直に表現できないクリスであったが、その心は徐々に解け始めようとしていた。
そして、フィーネが『カ・ディンギルが完成している』と言っていたことを弦十郎に伝えた。
カディンギルが何なのかは不明だが、古代シュメールにおいて塔のような高みを意味する言葉だという事を教えてくれた了子。
そして、時を同じくして、塔のような形状をし、特異災害対策機動部二課が電波基地として使用しているスカイタワーに向けて巨大なノイズが向かっているとの情報が入ってきた。
巨大な飛行機型のノイズから次々に落とされるノイズに手を焼く翼と響であったが、そこに現れたのはクリスであった。
未だに仲間として戦うことに戸惑いを感じているクリスであったが、響の前向きな想いに徐々に変わり始めていくのであった。

anime-symphogea45.jpgメディカルチェックを終えて完全復活となった翼は、歌手としてステージに立つべく復帰の計画を進めていた。
一方未来は、外部協力者として特異災害対策機動部二課に配属されたことにより響とともに行動することが出来るようになっていた。
頼るべき者がいなくなったクリスであったが、幼き日より彼女の保護を任務としていた弦十郎は責任感からかクリスの世話を焼いていた。
そして迎えた復帰のステージ当日、ノイズの出現を告げられた響は1人で戦うことを決意し、戦場に向かうのであった。

anime-symphogea38.jpg

-今週のあらすじ-
早朝の街中に突如沸いて出たノイズと聖遺物『イチイバル』の反応、それはノイズと戦ったクリスの形跡であった。
一方、傷ついたクリスを路地裏で見つけた未来は介抱していた。
今まで友達も居らず、信頼できる人間関係を築いてこれなかったクリスにとっては、未来の優しさには戸惑いを感じていた。
そんな時、突如沸いて出たノイズに戸惑いや複雑な感情を抱きつつも、未来をはじめとした関係のない人をこれ以上傷つけない為と戦いに向かった。
その頃、ノイズの襲撃から逃げ延びていた未来を発見した響は、お互を信頼し共に戦うべく作戦を巡らせるのであった。

anime-symphogea34.jpg

-今週のあらすじ-
雪音クリスとの戦闘中、響の助太刀に現れたのは、まだ体の傷が癒えきっていない翼であった。
追い詰められたクリスであったが、聖遺物である『イチイバル』を纏った姿に変化を遂げた。
クリスは、シンフォギアシステム第2号『イチイバル』の適合者であり、2年前に特異災害対策機動部二課によって見出されていた。
そして、戦闘の場に現れたフィーネは、クリスに『もうあなたに用はない』と言い放ちその場を去っていった。
戦闘に巻き込まれる形で真実を知った未来は、今まで本当のことを隠していた響に対して素直な感情を出せずに遠ざけた態度を取ってしまうのであった。

anime-symphogea26.jpg

-今週のあらすじ-
リディアン音楽院に入ってから響は何か変わったと口にする未来なのだが、真実を語れない響はいつもの様にやり過ごすしかなかった。
そして、馴染みのお好み焼き屋に一緒に行くことを約束した2人であったが、直前になって翼のマネージャーから特異災害対策機動部内で起きたトラブル対処の為に行けなくなった翼のお見舞いに行くように頼まれてしまった。
仕方がないよと、響を見送る未来であったが、偶然にも病室にいた翼と響を見てしまった。
やりきれない感情を抱きつつ帰路に着いた未来、そんな時にネフシュタンの鎧を纏ったクリスが向かっているとの連絡を受けた響はすぐさまその場に行くのだが未来と鉢合わせをしてしまう。
そして未来に迫った危機にシンフォギアを纏った響が立ちはだかったのだが、その姿に動揺を隠せない未来であった。

anime-symphogea19.jpg

-今週のあらすじ-
弦十郎の下で戦いの訓練を積んでいた響は徐々にその才覚を示し始めていた。
しかし、自分のような少女が戦うざるを得ない状況に疑問も感じていたのだが、シンフォギアの研究が国家機密である以上は仕方のないことであった。
そんな中、特異災害対策機動部に対し保護的な立場であった広木防衛大臣が革命グループに襲われ殺害される事件が起きた。
狙われているデュランダルをさらに安全な場所へ移送するべく作戦が決行されたのだが・・・。

anime-symphogea13.jpg

-今週のあらすじ-
時を遡る事5年前のある日、両親をノイズの襲撃で失った天羽奏は復讐の念からシンフォギアの適合者になるべく厳しい訓練と薬物投与に耐えてガングニールの適合者となっていった。
そして翼の前には、2年前に奪われた完全聖遺物『ネフシュタンの鎧』を纏った謎の少女が現れた。
過去の過ちを繰り返すまいと果敢に挑む翼であったが、圧倒的なネフシュタンの鎧の前に苦戦を強いられる翼であった。
翼は、自らの命を賭してまでもネフシュタンの鎧を取り戻すべく絶唱を歌い始めるのであった。

anime-symphogea6.jpg

-今週のあらすじ-
奏のシンフォギアを受け継いでるとはいえ、響のことを認められない翼は響きに襲い掛かるのだが弦十郎が割って入り事なきを得た。
響は、学業とノイズらとの戦いの両立に疲れを見せていたのだが、そんな表情を見て親友の未来は心配そうな面持ちであった。
しかし、シンフォギアとして戦うことは外部には話してはいけないという規則と普通の女子生徒として親友との生活の板ばさみにあう響であった。

anime-symphogea4.jpg

-今週のあらすじ-
1人の少女を抱えてノイズから逃げ惑う響であったが、ついには絶体絶命のところまで追い詰められたのだが、口を付いて出た歌とともにシンフォギアを纏った姿となった。
すぐに駆けつけた翼とともにノイズを撃退したのだが、シンフォギアのことは国家秘密である為に特異災害対策機動部二課へ連行された響はシンフォギアの秘密について色々と聞かされるのであった。
そして、響に現れた特異な能力は数年前に命を落とした奏のシンフォギアの破片が、響の体内に残り、それが響に継承される形となっているという事実が分かった。
自分の力が人を守るためになるのならと戦うことを決意した響であったが、翼は複雑な思いを抱いていたのであった。

anime-symphogea1.jpg

-今週のあらすじ-
天羽奏と風鳴翼の2人からなるボーカルユニット『ツヴァイウィング』のライブの最中、認定特異災害に指定されているノイズが発生した。
触れることで炭素へとかえてしまう特異体であるノイズには、通常兵器では太刀打ち出来ず、シンフォギアと呼ばれる特殊な武装でのみ対処することが出来るのであった。
奏と翼は特殊な歌を口ずさみ、シンフォギアを身に纏い、敢然とノイズに立ち向かうのだが、ノイズの猛攻の前に奏のシンフォギアは持ち応えられず、砕け散った破片が立花響の胸に突き刺さった。
薄れゆく意識の中で、響きが見たものは絶唱と呼ばれる歌でノイズを消し去り息絶えていく奏の姿であった。
それから数年後、響きは小日向未来とともに私立リディアン音楽院に入学し、あの時起こった出来事の真相を確かめるべく翼に接触を試みるのだが・・・。

プロフィール


Author⇒蒼井さくや
年齢⇒荒ぶってる中年(泣)
性別⇒♂
血液型⇒典型的なO型
《蒼井さくやの商品タグ》
R-18 荒ぶる中年 人生空回り
変態という名の変態 リア充
衝撃のラスト 大体こいつのせい
またお前か 愛すべき馬鹿
病院がこい この発想はいらなかった

こんなタグが付けられる人間だそうです(しずかちゃん談w)

【ばにら☆そると(仮)の概要】
ゲームのプレイ日記からアニメや漫画の感想をあくまで個人的な目線で書き綴っております。
競馬予想、時事問題、日記から全てがごちゃ混ぜなのでお好きな商品をお召し上がりください。

メールフォーム

カレンダー

<   2013年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

カテゴリ

ランキング

Powered by Movable Type 4.22-ja

アクセスカウンター

トータル訪問者数
現在の見てくださってるのは
いつも見てくださってる皆さんには本当に感謝してます(はーと)

twitter

時計


右クリックメニューから表示キャラ
クターを変更できます。
むぎちゃん一択だろ常考(笑)

web拍手

最近のコメント

最近のトラックバック

リンクサイト

サイト名にマウスを持っていけば簡単な詳細が表示されます。
☆フレンドリンク☆
Romantic*Lady
いつも心に太陽を☆
華南鞠亜ちゃんのオタクブログ
空色きゃんでぃ
還山捫虱堂
☆お気に入りサイト☆
ハルカレンダー
☆公式サイト☆
戸松遥公式サイト
☆アンテナサイト☆

リンクは基本的にフリーです。
コメントかメールを送ってくだされば相互リンクさせて頂きますのでお願いいたします。
(バナー鋭意製作中ですww)

アイテム

  • anime-nyaruko142.jpg
  • anime-nyaruko141.jpg
  • anime-nyaruko140.jpg
  • anime-nyaruko139.jpg
  • anime-nyaruko138.jpg
  • anime-nyaruko137.jpg
  • anime-nyaruko136.jpg
  • anime-nyaruko135.jpg
  • anime-orenoimouto175.jpg
  • anime-orenoimouto174.jpg