C3 -シーキューブ-(まとめ感想)

| コメント(0) | トラックバック(0)

anime-c3-1.jpg

-物語のあらすじ-
禍具(ワース)とは、人々の怨念を宿した武器や処刑道具であり、宿した呪いはいつしか人間の姿をもってこの世に存在してしまうようになった。
物としての性質と人としての性質を両方持ち合わせた禍具(ワース)は、持ち主に様々な影響を与える存在となる。
高校生である夜知春亮は、父親から送られた黒い立方体を手にしてから禍具(ワース)を巡る様々な戦いに巻き込まれていくことになる。
処刑道具であったフィア・イン・キューブ、そして呪いの解けかかっている村正このは、呪われた人形であったが今は呪いが解けた人形原黒絵、そして学級委員長の上野錐霞らの協力を得て春亮と数多くの機関との戦いが始まろうとしていた。

第一章『布団に移るものを知らない(Night of the Cube)』

anime-c3-2.jpgだいたい運送業者の人が『これ何なんですか?』とか荷物に関してのツッコミなんかいれてこないっつーのwww
オレはほとんどをネット通販というか密林さんのほうに頼んじゃうので、自宅には数多くの箱がよく届きます。
でもって、最近はよく家族も留守にすることが多いから、玄関にハンコを置いてあるので勝手に押して荷物は玄関先に放置してくださいって言う運送業者との不思議な信頼関係が成り立っておりますwww
しっかし、何の違和感もなく箱から全裸の女の子に変身したり、何の脈絡もなくそんな子が同居してる家にやってきた幼馴染のこのはちゃんもまったく動じてないとかなんでアニメの1話っていっつもこんな展開なんだろうwww
でも、意外と最後に思わせぶりな女キャラを出して展開の変化を見せて次回を見させる的な手法は結構好きかも。

第二章『どこに、なにを、なにか(When contents of the cube are exposed)』

anime-c3-3.jpgまー仮面を被ってるのはだいたい変態だって言うのは世の中の定説だけど、だとしても中の人が池田秀一さんだと逆に説得力がないよなwww
なんだかよく分かんないけど、2話目にして世界観というかアニメの雰囲気が180度転換しちゃってますよね。
だいたい、主人公の春亮君も、何たら騎士どうのこうのって名乗った女の人が出てきた時に異常に驚いてたけど、既にフィアみたいな存在がいることで慣れっこでしょーがwww
でも、その後で急に落ち着いた対応をしてヘタレじゃない主人公に代わってるしwww

にしても、このはちゃんまでもが呪われたワースであったとは・・・。
擬人化って言うのは最近よくあるテーマ??だろうけど、物が人の姿に変わってるっていうのはどーもキャラクターに思い入れが出来なくなるよなー。

第三章『彼らの温度の二律背反(Cold curse, Warm curse)』

anime-c3-4.jpgなーんか展開重いな・・・。
もっと女の子同士でキャッキャウフフしてるような展開が好きなのに(結局そこかよwww)殺戮用の拷問器具だったというフィアだとか、日本刀だったこのはちゃんだとかもー常識を逸脱し始めてるよ。
可愛い女の子が空から降ってくるアニメがごく普通に思えてくるよwww
で、フィアちゃんが飛び込んだ海なんですけど、あの彷徨ってた世界はこちら側なんかな??
だいたいこういった超常的な力を持ったキャラクターが活躍するアニメってこっちの世界とあっちの世界は別物的な世界観になるけどね。

第四章『夜には母親と抱き枕を(Voice, a termination, not a termination, her, her)』

anime-c3-5.jpgなんだか完全に蚊帳の外というか、こんなとんでも人間しかいないような世界に普通の顔して足を踏み入れてる委員長っていったい何者なん??
1話目ではギャグというかほのぼの要素と戦闘とかの真面目要素が5:5位だと思ってたけど、ここまでくると重苦しいパートばっかりでちょっと見てるのが痛くなってきたな。
拷問器具っていうだけでも結構痛々しいのに、あの包帯の女の子はあっさり殺されちゃうしさー。
でも、あのビッチビッチ言ってる女の人も悪人ではあるけどまだまだ本気でぶち殺したいって思えるような悪人じゃないんだよなー。

第五章『たとえ呪われても(Here)』

anime-c3-6.jpgやっぱりお前もかっ!!www
何食わぬ顔で一般人を気取っていた委員長でさえもなんかの研究機関の人間で、とんでもない能力の持ち主とかありがち過ぎるwww
むしろあの学校の生徒たちみんなが何らかの能力者じゃないのかと疑いたくなる程人が信じられなくなったwww
それはそうと、あのビッチさんが全話を通しての敵になるのかと思ってたけど、5話目にしてようやく撃退されたんですね。
あと、Cパートが・・・ちょっとエロ過ぎwww

第六章『球形硝子に似て脆弱な(Sovereignty - Perfection - Doll)』

anime-c3-7.jpgあのビッチ女がいなくなったとたんに雰囲気がギャグアニメっぽくなりましたね。
いあ、むしろこんな雰囲気にしちゃったのはあの理事長のせいであることは言わなくても分かるなwww
拷問やら処刑道具に宿った呪いを解くために擬人化して善行をするっていう展開事態にちょっとどーなの??っていう感覚があったけど、人形に宿る想いっていうのは実感が持てますよねー。
たーだ、6話の最大の見所はフィア&白穂の女同士の乳のもみ合いですから!!wwww

第七章『予見者の眼に映らない(For their reasons)』

anime-c3-8.jpgどっちが人間でどっちが人形なのかっていう展開にはちょっとやられた感があるけど、ワースが擬人化するっていうのはすでに慣れっこなんで男だろうと女だろうと・・・www
なことより、委員長が春亮君にちょっと好意を抱いてるのにそれをまったく気づけてないというありがちな展開がちょっといいですね。

第八章『逃れ得ぬ呪いのような―(She played Killing Organ)』

anime-c3-9.jpgサヴェレンティを浄化??しようとしていた時の戦いで、どっからどーみてもフィアは完全に壊れかけてたwww
あんなに残虐性を持って戦ってるのにそれに対してはまったくツッコミはなしなんですね。
今までは、散々戦わせるわけにはいかないとか何だの言っていたのにねー。
要するに自分をコントロール出来る状態にあるってことでおk??www
そしてドジっ子メイドとして生まれ変わったサヴェレンティは是非とも今後も主要キャラとして出てきていただきたいwww

第九章『帰還者は何処か不思議な(Welcome home, the troubled little girl)』

anime-c3-10.jpg9話目にしてOP曲が変わるとかどんだけ力入れてるだ??
ようやくキャラクターが自分の中で固着化しだしてきたけど、なんだかいかにもなロリ少女の黒絵ちゃんが登場。
話の展開もサヴェレンティとの戦いが終わってちょっとしたギャグパート的な流れになりながらも、アリスと名乗るきれたら怖そうな女キャラが今後の展開にどーかかわってくるのか・・・。

第十章『嗜虐者は何処にもいない(A gasper on the bed, or her cute secret)』

anime-c3-11.jpg淑乳とは、淑女のような慎ましやかさを持ったおっぱいのことであり、ただ大きいだけの無意味なおっぱいを差別した言葉である・・・おk??wwww
まー、おっぱいのことだけを語ってもいいんですけど、そうは問屋が(ry)
あのマリアって女がずっとビッチ行ってた女と同じ組織なのかと思ってたらどうやら違うみたいですし、ちょっと組織が入り組みすぎてやしないか??
あとは、委員長の自虐行為が可哀想というよりエロかったwww

第十一章『狂信者は何処かにいる(Mother's warm hospitality, and the lovely crash)』

anime-c3-12.jpgこの主人公の春亮君は結構好きなタイプかもしれん。
一生懸命なヘタレ主人公が多い昨今、そういうのも嫌いじゃないですし、逆いく様なオラオラ系も悪くはないですけど、冷静というか達観してるような素振りはいいですねー。
ようやくこの物語のボスというか最後の敵がマリアであることが判明して最終局面に向かいますけど、そんなことは関係ない。
大事なのは幼女の四つんばいのパンツにはなんのツッコミもないのに、委員長の方だけ恥ずかしがりやがってwwww

第十二章(終)『超越者は何処にでもいる(Human)』

anime-c3-13.jpgファミリーだかなんだか知らないですけど、結局のところすべての元凶とか諸悪の根源とかっていうテーマ性があるラスボスじゃなかったみたいですね。
戦いはまだまだ続いていきますよー的な演出で2期への期待を残しつつって感じの終わらせ方でしたけど、全話を通してやっぱりちょっと重苦しい感じが多かったなーって感想です。

さて、初めてのまとめ感想ですけど、まだまだ書き方に改良を加えていかないとな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://miracletime.lolipop.jp/mt/mt-tb.cgi/1611

コメントする

プロフィール


Author⇒蒼井さくや
年齢⇒荒ぶってる中年(泣)
性別⇒♂
血液型⇒典型的なO型
《蒼井さくやの商品タグ》
R-18 荒ぶる中年 人生空回り
変態という名の変態 リア充
衝撃のラスト 大体こいつのせい
またお前か 愛すべき馬鹿
病院がこい この発想はいらなかった

こんなタグが付けられる人間だそうです(しずかちゃん談w)

【ばにら☆そると(仮)の概要】
ゲームのプレイ日記からアニメや漫画の感想をあくまで個人的な目線で書き綴っております。
競馬予想、時事問題、日記から全てがごちゃ混ぜなのでお好きな商品をお召し上がりください。

メールフォーム

カレンダー

<   2011年12月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

カテゴリ

ランキング

Powered by Movable Type 4.22-ja

アクセスカウンター

トータル訪問者数
現在の見てくださってるのは
いつも見てくださってる皆さんには本当に感謝してます(はーと)

twitter

時計


右クリックメニューから表示キャラ
クターを変更できます。
むぎちゃん一択だろ常考(笑)

web拍手

最近のトラックバック

リンクサイト

サイト名にマウスを持っていけば簡単な詳細が表示されます。
☆フレンドリンク☆
Romantic*Lady
いつも心に太陽を☆
華南鞠亜ちゃんのオタクブログ
空色きゃんでぃ
還山捫虱堂
☆お気に入りサイト☆
ハルカレンダー
☆公式サイト☆
戸松遥公式サイト
☆アンテナサイト☆

リンクは基本的にフリーです。
コメントかメールを送ってくだされば相互リンクさせて頂きますのでお願いいたします。
(バナー鋭意製作中ですww)

アイテム

  • manga-nonnon18.jpg
  • manga-saki274.jpg
  • manga-saki273.jpg
  • manga-saki272.jpg
  • manga-sekirei284.jpg
  • manga-sekirei283.jpg
  • manga-sekirei282.jpg
  • manga-sekirei281.jpg
  • anime-railgun242.jpg
  • anime-railgun241.jpg